《アモルファージ・ノーテス/Amorphage Sloth》

ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻2250/守   0
【Pスケール:青3/赤3】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
(1):自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した地属性ドラゴン族上級ペンデュラムモンスター
 アモルファージ共通の維持コストを要する効果外テキスト特殊召喚を封じる永続効果サーチを封じるペンデュラム効果を持つ。

 アモルファージモンスター共通の維持コストペンデュラム効果適用条件、モンスター効果については《アモルファージ・ガストル》を参照。

 固有のペンデュラム効果サーチの制限であり、これ自体は多くのデッキ刺さる有効な効果である。
 ただ、他のアモルファージペンデュラム効果と異なり、アモルファージサーチも制限される点が痛い。
 アモルファージサーチする《アモルファージ・インフェクション》【アモルファージ】の継戦能力を支える重要カードであり、これを封じてしまうとジリ貧は避けられない。
 ペンデュラムゾーンに置くのは《アモルファージ・インフェクション》を引けていない時だけにしておき、《アモルファージ・インフェクション》ドローしたら自壊させてしまおう。
 なお《アモルファージ・ライシス》デッキからペンデュラムゾーンカードを置くことは制限されない。

 アモルファージスケール3と5しか存在しないため、レベル6のこのカードペンデュラム召喚できない。
 《EMオッドアイズ・ユニコーン》等を搭載した構築ならばペンデュラム召喚でき、アモルファージとしては高めの攻撃力を活かせる。
 また、下級アモルファージと違いどんな方法でフィールドに出してもモンスター効果適用される。
 状況によっては、アドバンス召喚フィールドに出してエクストラデッキ封じを掛けても良い。

 《アモルファージ・インフェクション》と相性が悪いことから、【アモルファージ】での採用率はやや低めである。
 一方で、どんな方法で出してもエクストラデッキを封じられる手軽さと下級モンスターでは突破できないステータスから、他のデッキに投入するといい働きをする。
 【ドラゴン族】などにロック要員として入れてみるとよいだろう。

  • 元ネタはギリシャ語で八つの枢要罪の一つで怠惰を意味する単語「Νωθροτησ(οの上に強アクセント、ノースロテース)」だろう。
    なお原典にあたるエヴァグリオス・ポンティコスの著作では対応する単語は「 'Ακηδια (ιの上に強アクセント、アケーディア)」だった。

関連カード

―《アモルファージ・ノーテス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アモルファージ・ノーテス》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星6 地属性 ドラゴン族 攻2250 守0 スケール3 アモルファージ

広告