《アルカナフォースVII(セブン)THE CHARIOT(ザ・チャリオット)/Arcana Force VII - The Chariot》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守1700
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
コイントスを1回行い以下の効果を得る。
●表:このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
そのモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
●裏:このカードのコントロールを相手に移す。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族下級モンスター
 アルカナフォースの名を持ち、コイントスによって得る2つの効果を持つ。

 このカードの表の効果である、「戦闘破壊した相手モンスターを自分のフィールド上に特殊召喚する」効果を持つモンスターはいくつか存在する。
 しかし、このカードにはバトルフェイズ中に攻撃表示相手モンスター特殊召喚し、追加攻撃できる利点がある。
 戦闘破壊したモンスター墓地へ送られる必要もなく、《マクロコスモス》などの除外に影響されないことも長所。
 またこのカード光属性であるため、《オネスト》を併用すれば殆どのモンスターを奪取できる。
 しかしエクストラデッキに送られるペンデュラムモンスターは下記のFAQ通りコントロール奪取不可能である。

 その一方で裏の効果デメリットは大きく、このカードを相手にただで渡してしまう。
 多くのアルカナフォースのように《逆転する運命》でフォローすることもできないため、できる限り《光の結界》《セカンド・チャンス》効果のもとで召喚したい。
 一応《洗脳解除》《所有者の刻印》を使うことでコントロールを戻すことはできる。
 ただ、《洗脳解除》の場合フィールドに残るため、その後に表の効果が出たとしても旨みがなくなってしまう。

 課題はやや微妙な攻撃力で、アタッカークラスを処理できないため戦闘補助が必要になりがちである。
 この点は魔法カード、特に速攻魔法であれば《アルカナフォースI−THE MAGICIAN》と共有しやすい。
 下級アルカナフォースの中で見ると最もステータスが高いのだが、逆に言えば裏の効果で奪われた場合下級アルカナフォースではそのままでは戦闘破壊できなくなるというデメリットにもなる。
 爆発力は高いものの、アルカナフォースの中でも安定性が良くないことは留意しておきたい。

  • 「THE CHARIOT(戦車)」はタロットにおける大アルカナの7番目のカード
    正位置は「勝利」「征服」「援軍」「独立」「解放」を表し、逆位置は「暴走」「不注意」「好戦的」を表す。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて「剣山vs斎王」戦・「エドvs斎王」戦・「十代vs斎王」(1戦目・2戦目)で斎王が使用。
    そのステータスから、序盤にアタッカーとして使われることが多い。
    正位置が何度か出ているものの、正位置の効果が発動したのは「エドvs斎王」戦で《D−HERO ダイヤモンドガイ》戦闘破壊したときだけである。
    「剣山vs斎王」戦ではこの効果を利用して、魔法カード《スート・オブ・ソード(テン)》と罠カード《エース・オブ・ワンド》のコンボに繋げている。
    攻撃名は「フィーラー・キャノン」。
    「フィーラー(feeler)」とは「触手」を意味するが、攻撃方法は触手から液体を飛ばしたりビームを出したりとまちまちである。
  • 斎王が使用した永続罠《ザ・マテリアル・ロード》のイラストに描かれており、海に浮いている。

関連カード

戦闘破壊したモンスターコントロールを得るモンスターについては、《ジャッカルの霊騎士》を参照。

―《アルカナフォースVII−THE CHARIOT》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:表と裏の効果は、どのような種別に分類されますか?
A:表の効果誘発効果任意効果)に分類されます。裏の効果コイントスからの一連の効果処理に分類されます。(08/03/06)

Q:この表の効果の具体的な発動タイミングはいつですか?
A:相手モンスター戦闘によって破壊墓地へ送ったタイミングで発動します。(08/03/06)

Q:特定状況下において、相手モンスター戦闘によって破壊しゲームから除外した場合でも発動する事が可能ですか?
A:はい。その場合でも発動する事が可能です。(08/03/06)

Q:自分持ち主である相手モンスター戦闘によって破壊した場合でも発動する事が可能ですか?
A:はい。その場合でも発動する事が可能です。(08/03/19)

Q:相手の「宝玉獣」と名のついたモンスター戦闘によって破壊し、永続魔法扱いにされた場合でも発動する事が可能ですか?
A:墓地へ送ったタイミングが発生しないので、発動する事はできません。(08/03/19)

Q:相手ペンデュラムモンスター戦闘によって破壊し、エクストラデッキに戻った場合でも発動する事が可能ですか?
A:いいえ、発動できません。(16/08/15)

Q:リクルーターまたは《光の結界》効果の発動タイミングは発生しますか?
A:同時に発動条件を満たすので、同時に複数のカードが発動した場合に従ってチェーン処理を行います。(08/03/17)

Q:相手フィールド上にモンスターが5体存在する時に裏の効果が出た場合、どう処理しますか?
A:相手コントロールを移すことができない為、このカード破壊されます。(12/02/25)

Q:表の効果を得たこのカード対象《逆転する運命》発動し、裏の効果に入れ替えました。この時、裏の効果発動しますか?
A:はい、裏の効果となった時点でコントロールが移ります。
  なお、再び《逆転する運命》で表の効果に戻してもコントロールは戻りません。(12/06/15)


Tag: 《アルカナフォースVII−THE CHARIOT》 モンスター 星4 光属性 天使族 効果モンスター 攻1700 守1700 アルカナフォース

広告