《アルケミック・マジシャン/Alchemic Magician》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1500
魔法使い族レベル4モンスター×3
このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×200ポイントアップする。
また、自分のエンドフェイズ時に1度、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから魔法カードを1枚選び、
自分の魔法&罠カードゾーンにセットする。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した闇属性魔法使い族エクシーズモンスター
 自身を強化する効果手札1枚をコスト魔法カードサーチする効果を持つ。

 種族指定かつ3枚という重いエクシーズ素材を指定しており、魔法使い族中心のデッキでなければそもそも使用することが難しい。
 レベル魔法使い族には優秀なモンスターが多いため、デッキ構築の段階で準備していれば、エクシーズ召喚自体はそこまで難しくない。
 《墓守の偵察者》等の特殊召喚効果を持つモンスターを活用すれば、エクシーズ召喚のハードルを下げることができる。
 ただし、エクシーズ素材を3枚必要とするため、魔力カウンター使用後の《魔導戦士 ブレイカー》エクシーズ素材とする等、ディスアドバンテージの軽減に努めたい。
 《ゼンマイマジシャン》召喚して手札《ゼンマイシャーク》特殊召喚し、レベル変更効果発動させれば、《ゼンマイマジシャン》3体を揃えてエクシーズ召喚できる。

 一つ目の効果墓地魔法カードの数だけ自身を強化する効果
 しかし、自身の元々の攻撃力が低く、強化値も1枚につき200ポイントとさほど大きくないため、劇的な攻撃力は見込めない。
 また、ランク4には対モンスターに長けたカードが多数存在するので、強化された攻撃力を見込んでこのカードを出す意義は希薄である。
 よって、二つ目の効果を主軸し、こちらはオマケ程度と考えたい。

 二つ目の効果自分エンドフェイズ手札1枚をコストに、デッキ魔法カードサーチする効果
 異なる置き場所フィールド魔法以外の魔法カードであれば、何でもサーチできる。
 しかし、エンドフェイズセットすることになるため、次のターン以降にしか使用できず、速攻性がない。
 サーチした魔法カード相手に公開する必要があり、相手にとって脅威となるカードであれば、次の相手ターン除去される可能性が非常に高い。
 コストは「墓地へ送る」であり、魔轟神等の効果も使用できない点も扱いづらいが、《魔導術士 ラパンデ》コストにできればアドバンテージを回復できる。

 速攻魔法であれば、エンドサイクさえ回避すればすぐに使用できるようになるため、相性自体は悪くはない。
 《禁じられた聖槍》《トーラの魔導書》サーチし、耐性をつけることもできるが、ほとんどの速攻魔法は使い切りなのでわざわざこのカードを出してまでサーチしたいかは疑問が残る。
 制限カードである魔法カードサーチし、除去を狙ってきたところを《砂利ケーン》バウンスするのも考えられるが、そこまでしてまでサーチするくらいなら《封印の黄金櫃》等で事足りる。
 《封印の黄金櫃》も性質上このモンスター攻撃力上昇を補助してくれるため、両者を採用し特化したデッキを作るのも悪くないか。

 基本的には、他の素材3体のエクシーズモンスターを出した方が有用なことがほとんどのため、それらを差し置いてこちらを出したいかはよく考えたい。
 正規で出すよりは《RUM−アストラル・フォース》《ゴーストリック・サキュバス》からランクアップできるため、そちらで出すのも手である。
 魔法使い族レベル2の展開を得意としており、《見習い魔術師》からのデッキ圧縮により《RUM−アストラル・フォース》手札に呼び込みやすくなる。

関連カード

―《アルケミック・マジシャン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:魔法カードセットする効果の分類は何になりますか?
A:誘発効果になります。(12/04/19)

Q:セットする魔法カードを相手プレイヤーに見せる必要はありますか?
A:はい、お互いに確認してからセットします。(12/04/20)

広告