《アロマセラフィ−アンゼリカ/Aromaseraphy Angelica》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/植物族/攻   0/守   0
「アロマセラフィ−アンゼリカ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分の墓地の「アロマ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、自分のLPが相手より多く、
自分フィールドに「アロマ」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した光属性植物族下級モンスターチューナー
 自身を手札から捨てることで墓地アロマモンスター攻撃力分だけライフ回復する誘発即時効果、特定の条件下で自己再生する起動効果を持つ。

 (1)の効果は自身を墓地へ送って発動する回復効果
 フィールドにいる他のアロマモンスター効果トリガーになり、(2)の自己再生の下準備にもつながる。
 攻撃力の高い《アロマージ−ベルガモット》《アロマージ−ローズマリー》を選択すれば大きく回復できる。

 (2)の効果自己再生効果
 (1)の効果で大きく回復していれば発動条件を満たし易く、自己再生後にフィールドアロマシンクロ召喚を狙える。
 シンクロ素材以外にも、同名カード《アロマポット》がいればランク1のエクシーズ素材に使うことで除外を回避できる。

 効果を考慮せずとも、展開に長けた植物族光属性レベル1・攻守0のチューナーとしての使用も考えられる。
 光属性チューナーであるため、ライフ回復効果と相性のいい《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》シンクロ召喚も狙える。
 (2)の効果除外デメリットがあるため、効果発動せずにサポートカードで繰り返し蘇生を狙うのも良い。

  • 「アロマセラフィ」は、「アロマセラピー」と「セラフィム」を合わせた言葉だろう。
  • 「アンゼリカ(Angelica)」はセリ目セリ科の植物「セイヨウトウキ」の英名。
    根や種がアロマオイルの原料として使用される。
    なおAngelicaの語源はラテン語で天使を表す「Angelicus」であり、セラフィムの名を冠するアロマにぴったりの植物と言えよう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アロマセラフィ−アンゼリカ》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 植物族 攻0 守0 アロマ

広告