《アンドロ・スフィンクス/Andro Sphinx》

効果モンスター
星10/光属性/獣族/攻3000/守2500
フィールド上に「光のピラミッド」が存在する場合、
500ライフポイントを払う事でこのカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードは召喚・特殊召喚したターンに攻撃をする事ができない。
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
このカードが守備表示モンスターを戦闘によって破壊した場合、
破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。

 PREMIUM PACK 7で登場した光属性獣族最上級モンスター
 フィールド上に《光のピラミッド》が存在する場合にライフコストを払って手札から特殊召喚できる召喚ルール効果召喚特殊召喚したターン攻撃できない永続効果守備表示モンスター戦闘破壊した場合に効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 特殊召喚モンスターではないので通常召喚が可能であり、《光のピラミッド》が存在しない場合の特殊召喚も可能。
 しかし、最上級モンスターにとって蘇生が一切できないのは非常に辛い。
 《覇王門無限》の採用で、《スフィンクス・テーレイア》と共にペンデュラム召喚できるが、《スフィンクス・アンドロジュネス》特殊召喚につなげるには、もう一手間が別途必要な事には変わりない。
 このステータスモンスターを比較的低コスト特殊召喚できるためやはり《光のピラミッド》を使うのが理想的だろう。

 攻撃力だけでなく守備力も高いため《野性解放》と相性が良い。
 レベルの高さを活かすことができる《アンティ勝負》等も良いだろう。
 召喚特殊召喚したターン攻撃ができないため、《地砕き》《ならず者傭兵部隊》除去カードは非常に厄介な存在となる。
 《亜空間物質転送装置》《月の書》等を使って回避したいところ。
 裏側守備表示セットした後《太陽の書》を使えば攻撃する事ができる。
 ただし、この場合は召喚時にリリースしたモンスターと合わせて最低でも3枚のディスアドバンテージを負ってしまい、現実的とは言いがたい。
 《フォトン・サンクチュアリ》フォトントークンリリースすれば普通のアドバンス召喚と損失は変わらないが、《ダンディライオン》《死皇帝の陵墓》の方が汎用性が高いためそちらを利用したい。

 容易に特殊召喚できるため、ランク10のエクシーズ素材として使うのも手か。
 《スフィンクス・テーレイア》《メタル・リフレクト・スライム》も合わせれば容易になる。
 《スフィンクス・テーレイア》共々光属性なので、《光の召集》で複数枚サルベージすることもできる。

  • 「アンドロスフィンクス」とは、スフィンクスの一種である。
    ライオンの胴体に人間の顔を持ち、エジプト神話にも登場している。
    そこでは、人間の知能にライオンの強さを併せ持つ、理想的な存在とされている。
    ちなみに、ピラミッドの前で腹ばいになっているのは、この「アンドロスフィンクス」である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:通常召喚は可能ですか?
A:可能です。


Tag: 《アンドロ・スフィンクス》 効果モンスター モンスター 星10 光属性 獣族 攻3000 守2500 スフィンクス 蘇生不可

広告