《インスペクト・ボーダー》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻2000/守2000
自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、
フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。

 EXTREME FORCEで登場した光属性機械族下級モンスター
 自分モンスターがいると召喚特殊召喚できない効果外テキストと、モンスター効果発動回数を制限する永続効果を持つ。

 モンスターがいると召喚特殊召喚ができないが、「通常召喚セット」は可能。
 《カオス・インフィニティ》《太陽の書》などがあればそのままリバースさせて効果適用できる。
 守備力下級モンスター攻撃を防ぐ程度はあるのでとするのも手。
 また、フィールドモンスターがいない時にペンデュラム召喚などで複数同時に出すことも可能である。

 (1)は儀式融合リンクモンスターの数までしかモンスター効果発動できなくなる効果
 ペンデュラムモンスター以外の効果モンスターのみの場合、効果は1回も発動できないことになる。

 ただしこのカードを含め「発動しない効果」には干渉できないので油断は禁物。
 モンスター1体を召喚し、リンクモンスターに繋がれた場合も1回は効果を使えるようになってしまう。
 モンスターの種類はお互いフィールドを参照するため、自分リンクモンスターなどを出すと相手効果を使えるようになってしまう。

 自分への影響も甚大だが、魔法・罠カードを主体とする等デッキ構築の時点で対処できる。
 自身の下級モンスターとしては高いステータスも併せて考えると、総じて【メタビート】向けのカードと言える。
 特殊召喚を封じる永続効果を持つモンスターも組み合わせれば、ペンデュラムモンスター《ラーの翼神竜−球体形》召喚しない限りモンスター効果発動も殆どなくなるだろう。
 《カイザーコロシアム》《虚無空間》などの展開を妨害する魔法・罠カードと絡めるのも有効である。

  • イラストには、アニメVRAINSでのスピードデュエルに使用されるようなボードに乗った、警察車両をモチーフとしたと思しき(肩の回転灯など)人型ロボが町中を飛翔する様が描かれている。
    英語で「inspect」は「査察する」を意味するので、市内を見回っているのだろう。
    「boarder」は一般的には「寄宿生」という意味だが、この場合は「ボードに乗る者」を意味していると思われる。
    (「board」に「板に乗る」という意味はないが、スノーボードを嗜む人を「Snowboarder」というため完全に和製英語とは言いがたい)

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《インスペクト・ボーダー》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻2000 守2000

広告