《インフェルノクインデーモン/Infernalqueen Archfiend》

効果モンスター
星4/炎属性/悪魔族/攻 900/守1500
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に500ライフポイントを払う。
このカードが相手のコントロールするカードの効果の対象になり、
その処理を行う時にサイコロを1回振る。
2・5が出た場合、その効果を無効にし破壊する。
このカードがフィールド上に存在する限り、スタンバイフェイズ毎に
「デーモン」という名のついたモンスターカード1体の攻撃力を
エンドフェイズまで1000ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 闇魔界の脅威で登場した炎属性悪魔族下級モンスター
 チェスデーモン共通の維持コストサイコロを振る永続効果お互いスタンバイフェイズデーモン攻撃力単体強化する誘発効果を持つ。

 チェスデーモンの1体であり、固有効果としてデーモン単体強化が可能。
 元々の攻撃力は低いが、強化値は《デーモンの斧》と同等であり、自身に使用すれば、限定的な効果耐性を備えた下級アタッカーとして運用できる。
 また、《ジェノサイドキングデーモン》《デーモン・ソルジャー》などを強化できれば、最上級モンスタークラスの攻撃力になる。

 ただし、攻撃力の上昇はスタンバイフェイズに行われるため、メインフェイズ召喚した場合、そのターンバトルフェイズには役に立たない。
 強化した自身や他のデーモン攻撃を行うには相手ターンを凌ぐ必要があるが、チェスデーモンは一定の効果耐性を持つとは言え、生き残れる確率は低いだろう。
 この点で、即座にアタッカーとなれる《デーモン・ソルジャー》とは使い分けたい。
 効果を活かすならば、《デーモンの雄叫び》《リビングデッドの呼び声》などでスタンバイフェイズ特殊召喚するのがよいだろう。
 これらの蘇生カード自壊デメリットも、《万魔殿−悪魔の巣窟−》サーチ効果トリガーとして利用可能である。
 《リミット・リバース》の場合は直前のターンエンドフェイズ蘇生し、次のターン守備表示にすることで能動的に自壊できる。

  • チェスにおけるクイーンは、全ての方向に好きなだけ移動できる最強の駒である。
    が、このカードキングより弱く、チェスにおける強弱の関係が成り立っていないと思われていた。
    だが、後にこのカード真の姿と思われるカードが登場し、関係は従来どおりになった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:スタンバイフェイズ時、攻撃力上昇の誘発効果発動に成功しました。
  その後、このカードフィールド上から離れました。
  「デーモン」と名の付いたモンスター攻撃力は元に戻りますか?
A:元に戻りません。エンドフェイズまで攻撃力が上昇したままになります。(10/09/17)


Tag: 《インフェルノクインデーモン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 悪魔族 攻900 守1500 デーモン

広告