《インフォーマー・スパイダー/Informer Spider》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻 500/守1800
フィールド上に存在するこのカードが
カードの効果によって墓地へ送られた時、
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体のコントロールを得る。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 自身がフィールドからカードの効果によって墓地へ送られた時に、相手フィールド上の守備表示モンスターコントロール奪取する誘発効果を持つ。

 モンスター守備表示であれば表側表示裏側表示問わず永続的にコントロール奪取できる。
 セット状態で墓地へ送られた時でも発動し、破壊ではない除去にも対応するため相手除去効果に対しての奇襲性が高い。
 モンスターとして除去される必要もなく、《甲虫装機 エクサビートル》等の効果装備カードとした後、その効果墓地へ送ることでも発動可能。

 難点は表示形式を変更するカード墓地へ送るカード等と併用しなければならない点。
 前者は《月の書》《エネミーコントローラー》手札誘発《ゴーストリック・フロスト》等が扱いやすい。
 《つまずき》《一回休み》とは相性が良く、相手モンスター守備表示にしつつ、自分《リミット・リバース》による自壊が即座に行える。

 墓地へ送る手段は効果の性質上、《激流葬》のような全体除去の巻き込みでは意味が無い。
 即効性があるものでは《天空の虹彩》などによる破壊で、【スパイダー】でも《応戦するG》《共振虫》と共有しやすく、カード・アドバンテージも失いにくい。
 上述の《リミット・リバース》以外では、裏側守備表示で出した後に《硫酸のたまった落とし穴》破壊する方法もある。
 同じ昆虫族《トリオンの蟲惑魔》サーチでき、このカードエクシーズ素材にできる《フレシアの蟲惑魔》効果をコピーできる。
 《王虎ワンフー》と併用し【アルティメット王虎】へ投入するのも一応1つの手だろう。

 なお、強制効果なので《マジック・プランター》《リビングデッドの呼び声》等をコストにした際の自壊でも発動する。
 《マスク・チェンジ・セカンド》《ジェネレーション・チェンジ》の様に、墓地へ送る過程で別の効果を挟んでもタイミングを逃さない
 前者は《マザー・スパイダー》との相性は悪いが、打点の補強も兼ねて《M・HERO ダイアン》と共に採用するのも良い。

  • 「インフォーマー(Informer)」とは、情報提供者や報酬目当ての密告者のことをいう。
    他の同時期に収録された「スパイダー」を考えると、このモンスターも諜報活動を行う蜘蛛なのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上の守備表示モンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(13/08/23)

Q:このカードが裏側表示のままカード効果墓地へ送られた時でも発動しますか?
A:はい、発動します。(09/12/01)


Tag: 《インフォーマー・スパイダー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻500 守1800

広告