《ウィッチクラフト・マスターピース》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、
自分または相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの同名カード1枚を自分のデッキから手札に加える。
(2):自分の墓地から、このカードと魔法カードを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した魔法カードの数と同じレベルの「ウィッチクラフト」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場する通常罠
 お互い墓地に存在する魔法カードの任意の1枚と同名カードサーチする効果墓地コストにして魔法カードの枚数と同レベルウィッチクラフトリクルートする効果を持つ。

 (1)はウィッチクラフトモンスターが存在する場合に発動できる魔法カードサーチ効果
 相手墓地からも選べるが、ミラーマッチでない限りは一部の汎用カードくらいしかサーチ機会は無いので、基本的には自分墓地から選ぶ事になる。

 (2)は自身と任意の枚数の魔法カード墓地コストにし、その枚数と同レベルウィッチクラフトリクルート
 ウィッチクラフト魔法カードは自己サルベージ効果を持つので墓地リソースを大きく消耗するのは避けたい。
 基本的には汎用魔法カード2〜3枚程度のコストに抑えるのが無難だろう。
 ただ、(1)でサーチしたウィッチクラフト魔法カード発動あるいは手札コストにした場合は必然的に同名カード墓地に存在する事になる。
 ウィッチクラフト魔法カードの自己サルベージ同名カード含めて1ターンに1度しか発動できないため、墓地に1枚あれば事足りる。
 その場合は2枚目以降は用済みとなりやすいため墓地コストにあてやすい。

  • マスターピース」は現代では「傑作」を意味するが、ウィッチクラフトのモチーフを考えると中世の「親方作品」のことだろう。
    手工業の職人(クラフト)は親方(マスター)に「マスターピース」を提出、認められて初めて独立することができた。
    イラストを見る限り、その「マスターピース」は魔法陣中央に浮かぶ巨大な人型のことを指しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ウィッチクラフト・マスターピース》 通常罠 ウィッチクラフト

広告