《ウォール・シャドウ/Wall Shadow》

効果モンスター
星7/闇属性/戦士族/攻1600/守3000
「迷宮変化」の効果でしか特殊召喚できない。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した闇属性戦士族特殊召喚モンスター
 《迷宮変化》効果特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 召喚条件である《迷宮変化》効果は「上級モンスター《迷宮壁−ラビリンス・ウォール−》装備してリリースする」という手間のかかるもの。
 《迷宮壁−ラビリンス・ウォール−》は低攻撃力なので、デッキからは《ダメージ・コンデンサー》《巨大ネズミ》等でリクルート墓地からは《デブリ・ドラゴン》等で蘇生できる。
 《迷宮変化》装備魔法なので《アームズ・ホール》サーチサルベージが容易である。
 また、《迷宮変化》効果デッキからしか特殊召喚できないので、このカードドローしてしまうと腐る
 《打ち出の小槌》《エッジインプ・シザー》等で戻すか、始めから複数枚採用しておいて手札コストに充ててしまいたい。

 しかしテキスト召喚条件のみで実質的に効果を持たず、ステータス《迷宮壁−ラビリンス・ウォール−》攻撃力が上がった程度であり、全く手間を掛けた割に合っていない。
 あえてファンデッキを組むならば、《最強の盾》《反転世界》守備力の高さを活用したいところ。
 攻撃後に守備表示にできる《悪夢の迷宮》効果の面でもイメージの面でもうってつけである。

  • 初登場時のテキストは以下の通り。
    通常召喚されない。
    「迷宮変化」が装備された「迷宮壁−ラビリンス・ウォール−」を
    生け贄に捧げない限り、特殊召喚できない。
    (この場合生け贄は「迷宮壁−ラビリンス・ウォール−」1体でよい)
     見て分かるとおり、「通常召喚できないこと」「正規の方法で特殊召喚する際にその手順が必要」であることが明確になっている。
     にもかかわらず、再録された際にはテキストが簡略化されすぎて非常に分かりづらく誤解を招きやすい表記になってしまった。
  • WCSやTAG FORCEシリーズでは特殊召喚に成功して勝利するとボーナスがもらえるモンスターの1体。
    同条件ボーナスの中ではカードの入手共々さほど難しくはないため、早めに達成しておけば後で有利になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このモンスター特殊召喚モンスターですか?
A:特殊召喚モンスターです。
  よって、通常召喚する事はできず、《迷宮変化》特殊召喚せずに墓地へ送られた場合、蘇生させることはできません。

Q:「《迷宮変化》効果でしか特殊召喚できない。」とありますが、一度正規の特殊召喚した後蘇生もできないのですか?
A:いいえ、一度正規の特殊召喚をすれば蘇生帰還は可能です。(11/09/21)


Tag: 《ウォール・シャドウ》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 戦士族 攻1600 守3000

広告