《エクシーズ・ダブル・バック/Xyz Double Back》

速攻魔法
自分フィールド上のエクシーズモンスターが破壊されたターン、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地から、そのターンに破壊されたエクシーズモンスター1体と、
そのモンスターの攻撃力以下のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

 COSMO BLAZERで登場した速攻魔法
 エクシーズモンスター破壊されたターンにそのエクシーズモンスターとその攻撃力以下のモンスター蘇生させる効果を持つ。

 エクシーズモンスター破壊され、かつ、モンスターが存在しない状況と、発動条件は限られる。
 しかしエクシーズ召喚自体モンスターを減らしやすい方法であり、エクシーズ召喚した瞬間に《激流葬》で一掃される場合など、発動可能な機会はある。
 自分《ブラック・ホール》などで破壊してもよく、発動は容易。
 多くの蘇生カード同様《奈落の落とし穴》等には弱いため、発動条件補助も兼ね得る《デストラクト・ポーション》等で対策しておきたい。
 また、《恐牙狼 ダイヤウルフ》《幻影騎士団ブレイクソード》は自身の効果で自分を破壊できるので、このカード発動条件を簡単に満たす事ができ、相性が良い。

 一緒に蘇生させるモンスター攻撃力に上限があるものの、基本的にエクシーズ素材としたモンスター攻撃力エクシーズモンスター攻撃力を上回ることは稀なので、あまり気にする必要はない。
 しかし2体同時に蘇生させようと、そのターンエンドフェイズに再び破壊されてしまう。
 蘇生したモンスター自壊以外のデメリットはないため、モンスター効果を利用してアドバンテージを稼いだり、高攻撃力の2体を蘇生してフィニッシャーにするといった運用もできる。

 とはいえ、基本的には発動ターン内に処理・活用できる戦術を織り込んで採用したい。
 エクシーズモンスターの方は《迅雷の騎士ガイアドラグーン》等を重ねたり、RUMなどで処理してもよく、もう1体の方は単純にリリースシンクロ素材エクシーズ素材にするのもいい。
 【宝玉獣】では主に《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》蘇生することで、例えバトルフェイズ中であっても宝玉獣を展開でき、デメリットも気にならない。
 【コアキメイル】でも《コアキメイル・ウルナイト》からの《恐牙狼 ダイヤウルフ》発動トリガーにでき、蘇生した《コアキメイル・ウルナイト》は再度リクルート効果発動出来るので、相手フィールド破壊した上で自分フィールドランクエクシーズモンスターを残すことができる。
 【セイクリッド】でも、蘇生したエクシーズモンスター《セイクリッド・トレミスM7》を重ねれば、デメリットは気にならない。
 更にもう一体のモンスター《セイクリッド・ハワー》《オネスト》にすれば、手札墓地の別モンスターと交換したり手札に戻すことで、デメリットを回避できる。
 また、魔法カード効果によって破壊されない効果を持つモンスター蘇生させれば完全蘇生することができる。
 或いは《ネフティスの鳳凰神》《ユベル》等の効果破壊されることで効果発動するモンスター蘇生させるのもいい。
 蘇生させるもう一体の方を《No.53 偽骸神 Heart−eartH》にすればエンドフェイズ《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》特殊召喚できる。
 相手ターンならそのまま除外効果を使用できるので相性がいい。

 獣族モンスターなら《キャトルミューティレーション》鳥獣族なら《スワローズ・ネスト》とのコンボで、自壊の損失を幾分フォローしやすい。
 ドラゴン族主体のデッキ自分ターン中なら《ドラゴニック・タクティクス》につなげられ、聖刻とのシナジーも期待できる。
 《ローンファイア・ブロッサム》《サシカエル》《死の花−ネクロ・フルール》のようなリクルーター《ならず者傭兵部隊》のような除去要員、《キャノン・ソルジャー》のような射出できるモンスターなど、様々なカードとの相性を検討できるだろう。

  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsNo.96」戦において遊馬が使用した速攻魔法《オーバーテイク・サモン》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-Vの「黒咲vsデニス」(1戦目)で黒咲が使用した通常罠《光速速攻》のイラストに描かれている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:何らかのカードを、発動時に対象としますか?
A:自分墓地からそのターン破壊されたエクシーズモンスター1体とそのモンスター攻撃力以下のモンスター1体を選択して発動します。(12/12/01)

Q:2体の特殊召喚は、同時扱いですか?
A:はい、同時として扱います。(12/12/01)

Q:数値を参照するのは、墓地での数値ですか?
A:はい、墓地にある時の数値で考えます。(12/12/01)
  なお「そのモンスター攻撃力以下のモンスター」に攻撃力?のモンスターを選ぶ事はできません。(12/12/07)

Q:効果処理時対象に選択した破壊されたエクシーズモンスター1体が墓地に存在しなくなった場合、残りのその攻撃力以下のモンスター1体は特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(12/11/19)

Q:効果処理時対象に選択したその攻撃力以下のモンスター1体が墓地に存在しなくなった場合、残りの破壊されたエクシーズモンスター1体は特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(12/11/19)

Q:自分フィールド上に裏側表示で存在するエクシーズモンスターがカードの効果裏側表示の状態のまま破壊されたターンにこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/17)

Q:破壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/11/19)

Q:このカード特殊召喚したモンスター《禁じられた聖槍》発動した場合、そのターンエンドフェイズ破壊を防ぐ事ができますか?
A:その場合でも、エンドフェイズ時に破壊されます。(14/04/09)

Q:効果処理時自分フィールド上にモンスターが存在する場合でも特殊召喚する事はできますか?また、モンスターゾーンの空きが1つのみの場合はどうなりますか?
A:効果処理時自分フィールド上にモンスターが存在する場合でも特殊召喚する事はできます。
  モンスターゾーンの空きが1つのみの場合は、2体とも特殊召喚されません。(14/04/11)


Tag: 《エクシーズ・ダブル・バック》 魔法 速攻魔法 エクシーズ

広告