《エクシーズ・チェンジ・タクティクス/Xyz Change Tactics》

永続魔法
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついた
モンスターがエクシーズ召喚された時、
500ライフポイントを払い、このカードの効果を発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」は
自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 V JUMP EDITION 10で登場した永続魔法
 希望皇ホープエクシーズ召喚する度に、500ライフポイントを払う事で1枚ドローできる。

 効果の発動回数に制限はないが、1枚しか表側表示で存在できずエクシーズ召喚の回数で補うのが主になるので、利用は希望皇ホープの数を確保できる【希望皇ホープ】専用となる。
 《No.39 希望皇ホープ》《SNo.39 希望皇ホープONE》もしくは《CNo.39 希望皇ホープレイ》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》と重ねていくだけで2枚分のアドバンテージとなる。
 《No.39 希望皇ホープ》を繰り返しエクシーズ召喚したり、RUMでもドローが狙えるので、特化すれば何枚もドロー可能なドローエンジンと化す。
 なお、《RUM−バリアンズ・フォース》相手エクシーズモンスターがいるとタイミングを逃し《RUM−ヌメロン・フォース》はこのカードを永続的に無効にしてしまう。
 RUMを組み込むなら、《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》《RUM−クイック・カオス》と併用する事になる。

 数値は大きくないが、ライフコストを繰り返して払うことで《SNo.39 希望皇ホープONE》《CNo.39 希望皇ホープレイ》効果発動条件を補助することもできる。
 2枚目以降を採用するとダブつくリスクがあるが、RUM共々コストにできる《召喚僧サモンプリースト》でカバーできる。
 タイミング上ドロー枚数は減るが、《ジェネレーション・フォース》からもサーチ可能なので、こちらを利用するという手もある。

 発動条件がない永続カードなので、《終末の騎士》《BF−精鋭のゼピュロス》墓地へ送ることでこのカードを戻して蘇生エクシーズ召喚につなげて1枚ドローも狙える。
 《カイザーコロシアム》《ブラック・ガーデン》などでもこの方法によるエクシーズ召喚は可能だが、2枚以上のドローが狙える点ではこのカードの方が優れる。
 《No.39 希望皇ホープ》の展開手段としても使用でき、上記《召喚僧サモンプリースト》との連携も可能である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:RUM等の効果による「エクシーズ召喚扱いの特殊召喚」で効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/01/23)


Tag: 《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》 魔法 永続魔法 エクシーズ

広告