《エクスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、
EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、
使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。
指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターは、
攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 EXTREME FORCEで登場した風属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した時にメインモンスターゾーンを指定し、このモンスターが存在する間そのモンスターゾーンを封じる誘発効果リンク先モンスター強化し、効果破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 リンク素材縛り《エンコード・トーカー》と同一なので、リンク召喚の方法はそちらを参照。

 (1)は、リンク召喚に成功した時に、エクストラモンスターゾーンモンスターの数だけメインモンスターゾーンを封鎖する効果
 エクストラモンスターゾーンリンク召喚することで最低でも1カ所は封鎖できるが、その場合は自分メインモンスターゾーンリンクマーカーが向かない。
 エクストラデッキからのさらなる展開や(2)の効果を活かすためには、エクストラモンスターゾーンに別のリンクモンスターを出しておき、このカードメインモンスターゾーンに出すようにしたい。
 相手エクストラモンスターゾーンモンスターを出していれば2カ所のモンスターゾーンを封鎖できる。

 モンスターを並べるだけで封鎖が可能な点はサーチ手段の少ない《地盤沈下》に勝るが、手軽さではサーチリクルート手段も豊富な《ヨコシマウマ》に大きく劣る。
 仮に2カ所封鎖しても相手に与える影響は小さく、この効果のためだけにリンク素材を3体消費するのは非効率である。
 この効果を活かすのであれば、トークンを大量生成できるカード等を使用し、複数体を並べることによるロックを狙うべきか。
 ただし、この効果には同名カード発動制限があるので2体並べるなら1ターン待つ必要があり、やはり《ヨコシマウマ》等の方が楽である。

 (2)は、リンク先モンスター攻撃力を500アップし、効果破壊耐性を与える効果
 このカードメインモンスターゾーンに出さなければほぼ意味がない効果であり、蘇生カードなどを併用したい。
 自分エクストラモンスターゾーンの真下となるメインモンスターゾーンに配置し、上・左・右にモンスターを展開できれば、合計で1500の攻撃力強化効果破壊耐性付与となる。
 相手モンスターにも適用されるため、エクストラモンスターゾーンに出した場合はその正面のモンスター強化耐性が付与される。

 リンク3のサイバース族モンスターは何体も存在しており、このカードと同一のリンクマーカーを持つ《トライゲート・ウィザード》やこのカードより攻撃力が高くアドバンテージを稼ぎやすい効果を持つ《ベクター・スケア・デーモン》等も存在する。
 エクストラデッキの枠に限りがある以上、現状では優先順位が低いリンクモンスターだと評価せざるを得ない。

 よってこのカードを活かすならある程度意識してデッキ構築をする必要がある。
 上記のモンスターゾーン封鎖系のカードと併用すれば、(1)の効果による拘束力も上がる。
 このカードリンク召喚しやすい【サイバース族】《地盤沈下》等を入れて、引いたらこのカードを使い、引けなければ別のリンクモンスターで戦う、という戦術もできなくはない。

 また、コード・トーカーである点を活かすのもいいだろう。
 左右にリンクマーカーを持つコード・トーカー《パワーコード・トーカー》も存在しあちらの効果の方が汎用性が高めであるが、サイバース族入れているデッキならこちらの方が出しやすい場合も多い。
 また、エクストラモンスターゾーンに出した《ファイアウォール・ドラゴン》などと相互リンクしながら左右にリンク先を残せるのは他のコード・トーカーにはできない。
 《リコーデッド・アライブ》とは、このカード特殊召喚する時に相手モンスター破壊効果チェーンして、そのモンスターをこのカードリンク先に置けば破壊から守れるので相性はいい。

  • 攻撃時に手甲から鉤爪が現れる演出を踏まえると、攻撃名の「クローズ」は「鉤爪」を意味するclawsと「閉じる」意味のcloseの2つの意味が掛かっていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エクスコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 風属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告