《エクスコード・トーカー/Excode Talker》

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、
EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、
使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。
指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターは、
攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 EXTREME FORCEで登場した風属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した時にメインモンスターゾーンを指定し、このモンスターが存在する間そのモンスターゾーンを封じる誘発効果リンク先モンスター強化し、効果破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 リンク素材縛り《エンコード・トーカー》と同一なので、リンク召喚の方法はそちらを参照。

 (1)は、リンク召喚に成功した時に、エクストラモンスターゾーンモンスターの数だけメインモンスターゾーンを封鎖する効果
 エクストラモンスターゾーンリンク召喚することで最低でも1カ所は封鎖できるが、その場合は自分メインモンスターゾーンリンクマーカーが向かない。
 エクストラデッキからのさらなる展開や(2)の効果を活かすためには、エクストラモンスターゾーンに別のリンクモンスターを出しておき、このカードメインモンスターゾーンに出すようにしたい。
 相手エクストラモンスターゾーンモンスターを出していれば2カ所のモンスターゾーンを封鎖できる。

 とはいえこのモンスターに限らず、メインモンスターゾーンを1〜2カ所封鎖しても一部のデッキを除けば相手に与える影響は小さい。
 モンスターを並べるだけで封鎖が可能な点はサーチ手段の少ない《地盤沈下》より利便性があるが、手軽さではサーチリクルート手段も豊富な《ヨコシマウマ》に大きく劣る。
 複数体を並べることによるロックを狙えない事もないが、この効果には同名カード発動制限があるので2体並べるなら次の自分ターンまで待つ必要がある。

 (2)は、リンク先モンスター攻撃力を500アップし、効果破壊耐性を与える効果
 このカードメインモンスターゾーンに出さなければほぼ意味がない効果であり、蘇生カードなどを併用したい。
 自分エクストラモンスターゾーンの真下となるメインモンスターゾーンに配置し、上・左・右にモンスターを展開できれば、合計で1500の攻撃力強化効果破壊耐性付与となる。
 相手モンスターにも適用されるため、エクストラモンスターゾーンに出した場合はその正面のモンスター強化耐性が付与される。

 (1)の効果は使い所が難しいものの、(2)の効果による強化耐性付与は優秀。
 リンクマーカー相互リンクエクストラリンクに繋げやすい向きであるため、【サイバース族】では十分活躍が見込める。
 《トランスコード・トーカー》とは特に相性が良く、あちらの効果蘇生して相互リンクすれば、互いの耐性の穴を補いつつ高攻撃力の布陣を敷くことが可能となる。

 また、このカードには風属性コード・トーカーという利点もある。
 《サイバネット・コーデック》を併用すれば、汎用性の高い効果を持つ《クロック・ワイバーン》や、自己特殊召喚が可能な《リンク・インフライヤー》などをサーチできる。
 また、相手モンスター破壊効果チェーンして《リコーデッド・アライブ》などでメインモンスターゾーン特殊召喚し、自分モンスターを守るという芸当も可能。

  • 攻撃時に手甲から鉤爪が現れる演出を踏まえると、攻撃名の「クローズ」は「鉤爪」を意味するclawsと「閉じる」意味のcloseの2つの意味が掛かっていると思われる。
    closeには「(物事を)終わらせる」という意味があり、フィニッシャーとしてデュエルを終わらせるということだろう。
  • 同作においてPlaymakerが使用した通常魔法《ディスコネクト・リンカー》・通常罠《ブレイク&リバース》のイラストに描かれている。

関連カード

―《エクスコード・トーカー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《エクスコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 風属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告