《オノマト選択(ピック)

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「オノマト選択」以外の「オノマト」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」モンスターの内、
いずれか1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは
ターン終了時まで対象のモンスターと同じレベルになる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した永続魔法
 発動時に同名カード以外のオノマトサーチする効果自分フィールドモンスターレベルを、ズババガガガゴゴゴドドドのいずれか1体のレベルと同じにする効果を持つ。

 (1)は発動時におけるオノマトサーチ
 《オノマト連携》サーチでき、それによるモンスターサーチにつなぎやすくなり、初動が安定しやすくなる。
 《希望郷−オノマトピア−》希望皇ホープを出せるモンスターが必要になるものの、リクルート効果により展開できる。
 モンスターがない場合は《オノマト連携》モンスターが揃っている場合は《希望郷−オノマトピア−》と使い分けるといい。
 《希望皇オノマトピア》も対応するが、あちらは《オノマト連携》でもサーチできる。
 永続魔法ゆえに効果チェーンされての除去で妨害される点は注意。

 (2)は他のモンスター全てのレベル対象にしたズババガガガゴゴゴドドドレベルに合わせる効果
 エクシーズ召喚のサポートとなり、上記4カテゴリに属さないが特殊召喚のしやすいモンスターの使い勝手も良くなる。
 《ガガガクラーク》《ガガガキッド》の様に特殊召喚はしやすいがデッキの中心レベルと合わないモンスターも投入しやすくなる。
 特に《ガガガマジシャン》と適当なモンスターとでランク1〜8を使いこなせるのは大きな利点。
 また、本来なら相手依存になるためエクシーズ素材として処理しづらい《精神操作》などでコントロール奪取したモンスターも利用しやすくなる。
 ただし、このカードに頼りすぎると、除去されたり引けないときにエクシーズ召喚しにくくなる点には気を付けたい。
 この点は縛りの緩いリンクモンスターを少数投入しておく事で多少は事故率を軽減できる。

  • オノマトについては該当ページを参照。
    カード名は、英語で「擬音語の」を意味する形容詞「onomatopoeic」と、「選択する」を意味する「Pick」の掛詞だろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《オノマト選択》 魔法 永続魔法

広告