《オルターガイスト・ヘクスティア》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/魔法使い族/攻1500
【リンクマーカー:右/下】
「オルターガイスト」モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先の「オルターガイスト」モンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):魔法・罠カードの効果が発動した時、
このカードのリンク先の「オルターガイスト」モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト」カード1枚を手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した炎属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク先オルターガイスト元々の攻撃力自己強化する永続効果リンク先オルターガイストリリースする事で魔法・罠カード効果の発動無効にして破壊できる誘発即時効果、自身がフィールドから墓地へ送られた場合にオルターガイストカードサーチする誘発効果を持つ。

 《オルターガイスト・プライムバンシー》同様、リンク素材オルターガイストが指定されている。
 しかし、あちらと違ってこのカードリンク2なので《オルターガイスト・マリオネッター》蘇生効果発動できれば、比較的簡単にリンク召喚できる。

 (1)の効果により自己強化が可能。
 《オルターガイスト・マリオネッター》リンク先に存在するならば、攻撃力は3100まで上がり、全体的に打点の低いオルターガイストにとって心強いアタッカーとなる。

 (2)は《インフェルノイド・ネヘモス》と同じく、魔法・罠カード効果の発動にもカウンター可能であり、墓地発動する効果無効にできる。
 ただし、コストとしてリンク先オルターガイストリリースする為、攻撃力が下がってしまい戦闘破壊されやすくなってしまう。
 しかしながら(3)の効果により、戦闘破壊されてもアドバンテージは失いにくい。

 (3)は「フィールドから墓地へ送られた場合」という緩い条件で発動するオルターガイストの万能サーチ
 《オルターガイスト・メリュシーク》と同じくリンク素材《ワンダー・ワンド》などのコストに使用して墓地へ送っても効果発動できる。
 リンク3の《オルターガイスト・プライムバンシー》リンク召喚を狙う場合に、このカードを経由することでアドバンテージを得られる。

  • カード名の由来はコンピューターにおける16進数を意味する「ヘックス(Hex)」とギリシャ神話に登場するオリュンポス十二神の一柱「ヘスティア」からだろう。
    このカード炎属性なのは、ヘスティアが炉の女神であることから来ていると思われる。
    また、ドイツ語では魔女のことを「ヘックス(Hexe)」と言い、魔法使い族モンスターである点からこちらの意味もかかっていると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《オルターガイスト・ヘクスティア》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 魔法使い族 攻1500 オルターガイスト

広告