《オルターガイスト・マテリアリゼーション》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
このカードがフィールドを離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「オルターガイスト」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した通常罠
 墓地オルターガイストモンスター蘇生して装備カードになる効果墓地から自身を除外してオルターガイスト罠カードサルベージする効果を持つ。

 (1)はオルターガイスト蘇生効果
 罠カードによる蘇生やこのカード除去されると蘇生したモンスター破壊される点は《リビングデッドの呼び声》と似ている。
 しかしこちらは装備カードとなるため、装備モンスターがどのような形でフィールドを離れても装備対象不在で自壊する点が異なる。

 (2)の効果墓地の自身をコストオルターガイスト罠カードサルベージする効果
 オルターガイスト罠カードサルベージ手段はこのカード以外にも複数あり、このカード除外すると、このカードサルベージできなくなってしまう。

 ただ、墓地除外のみなのでアドバンテージを失うことなく回収できる。
 同名カードサルベージできるため、それを狙っても良い。

 最大の利点はオルターガイスト罠カードなので、サーチサルベージがしやすい点にある。
 《オルターガイスト・シルキタス》などから繰り返しセットし、蘇生を繰り返せばアドバンテージを得やすい。
 《オルターガイスト・マリオネッター》デッキから直接セットでき、《オルターガイスト・シルキタス》などが墓地に存在すれば相手ターン蘇生させて効果を活かせる。

 《オルターガイスト・シルキタス》の場合、このカード蘇生させ、あちらの(1)の効果コストとしてバウンスすると、《オルターガイスト・シルキタス》自壊してサルベージ効果発動する。
 ノーコストで毎ターン相手モンスター1体のバウンスサルベージが可能となる。

  • カード名の「マテリアリゼーション」はおそらく、「material」に「〜化する」という意味を持たせる接尾語「ize」をつけて、それを名詞形にした造語だろう。

関連カード

イラスト関連

装備カードになる罠カードこちらを参照

墓地から自身を除外して発動する効果を持つカードこちらを参照

収録パック等


Tag: 《オルターガイスト・マテリアリゼーション》 通常罠 オルターガイスト

広告