《カオス・ソルジャー −宵闇(よいやみ)使者(ししゃ)−/Black Luster Soldier - Envoy of the Evening Twilight》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターの数が同じ場合に、
その内のどちらかの属性を全て除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの属性は「光」としても扱う。
このカードが特殊召喚に成功した時、
特殊召喚するために除外したモンスターの属性により、以下の効果を発動できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
●光:フィールド上のモンスター1体を選択して除外する。
●闇:相手の手札をランダムに1枚選び、相手のエンドフェイズ時まで裏側表示で除外する。

 V JUMP EDITION 9で登場した闇属性戦士族特殊召喚モンスター
 墓地光属性闇属性が同数の場合に一方の属性を全て除外して特殊召喚する召喚条件と、その時除外したモンスター属性に応じて発動できる2種類の誘発効果を持つ。

 墓地光属性闇属性が同数の場合という厄介な召喚条件を持つ。
 また、どちらか一方の属性モンスターを全て除外する必要があるため、墓地光属性闇属性の数が不均衡になってしまい、他のカオスモンスターや2枚目のこのカードを出しづらくなる。
 このカードを使いたいならば、墓地肥やし除外により墓地の枚数をある程度コントロールできるデッキでなければならない。
 増やす場合には手札デッキから落とす方法が、減らす場合は《ダーク・アームド・ドラゴン》等を使う方法がある。
 《白夜の騎士ガイア》《極夜の騎士ガイア》ならば場面に応じ増やすことも減らすことも可能。
 同数であれば1体ずつでも構わないのでなるべく早いうちに出したいところ。

 出しづらさの割に、それに見合う効果とは言い難い。
 闇属性側の効果は一時的なハンデスであり、メインフェイズ発動してもアドバンテージを稼ぎにくい。
 ハンデスを行えば手札誘発を防ぎにくくなるのだが、バトルフェイズ放棄のデメリットで攻めにくい。
 光属性側の効果除外によるモンスター除去でありアドバンテージを稼げる。
 しかし、バトルフェイズを放棄するデメリットのため攻め込めない。
 このカードの高攻撃力を活かすため、あえて効果発動しないという選択肢も視野に入れねばならない。
 あるいは、バトルフェイズが行えない他のカードデメリットを重複できれば良く、特に《ソウル・チャージ》墓地モンスターの調節もできて一石二鳥である。

 このカードをあえて使うのならば《トレード・イン》のような処理する手段も用意しておきたい。

  • 「宵闇」とは宵の薄暗さのことであり、また、月の出が遅くなる陰暦16日ごろから20日ごろまでの宵の暗さ、及びその時刻の意味もある。

関連カード

―複数の属性として扱う永続効果を持つカードこちらを参照。

―《カオス・ソルジャー −宵闇の使者−》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《アドバンスド・ダーク》闇属性となっている《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》1枚を除外した特殊召喚の場合、どちらの効果を使えますか?
A:闇属性効果のみ使えます。(13/09/09)


Tag: 《カオス・ソルジャー −宵闇の使者−》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻3000 守2500 カオス・ソルジャー 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告