《カゲトカゲ/Kagetokage》

効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1100/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分がレベル4モンスターの召喚に成功した時、
このカードを手札から特殊召喚できる。
このカードはシンクロ素材にできない。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した闇属性爬虫類族特殊召喚モンスター
 シンクロ素材にできない効果外テキストレベルモンスター召喚に成功した時に自身を特殊召喚できる手札誘発誘発効果を持つ。

 特殊召喚効果の性質から、主にランク4のエクシーズ素材として使うことになる。
 ほぼ同じ使い方が可能なカード《ゴブリンドバーグ》《ブリキンギョ》など少なくないが、このカードランク4の《キングレムリン》サーチできる爬虫類族であることが強み。
 このカードエクシーズ召喚をサポートしつつ、2枚目の《カゲトカゲ》をサーチする事で、安定して次のエクシーズ召喚を狙える。
 【ガジェット】【紋章獣】を筆頭とするレベルモンスターを安定して確保できるデッキにおいては大きな活躍が期待できる。
 逆に【爬虫類族】及びその派生系で《キングレムリン》を使う際にも、素早くエクシーズ召喚へ繋げられるこのカードが重宝されている。

 また、召喚成功時が発動条件モンスターと絡めることで、《サモンチェーン》《エンペラー・オーダー》といったカードも活用しやすくなる。
 闇属性を活かし《ヴェルズ・ナイトメア》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》エクシーズ素材にするのもよい。

  • カード名が韻を踏んでいる。
    また、最近のカードでは珍しく英語名が単純なローマ字読みである。
    「影」+「トカゲ」というシンプルなネーミングだが、自身が通常召喚できず、他のモンスターに付随しなければ出せない=常にフィールドに2体並ぶという性質から、「影と影」という意味にもとれる。
  • 「アストラルvsカイト」戦では、このカードを出すためだけに5枚のカード召喚権を犠牲にするという妙に無駄の多いプレイングを行なっている。
  • 漫画ZEXALでの初登場時、雑誌掲載時にはこのカード攻撃力は0だった。
    しかし、「遊馬vsキャプテン・コーン」戦ではOCGと同じ1100に変更されており、コミックスでは初登場時の攻撃力も1100に修正されている。
    イラストOCG化に際して左右反転させたようなものになっている。

関連カード

―他のモンスター召喚に成功した時に自身を手札から特殊召喚できるモンスター《エーリアン・ドッグ》を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身を特殊召喚する効果分類は何ですか?
A:誘発効果になりチェーンブロックが作られます。(11/07/17)

Q:デッキから直接墓地へ送られたこのカードを、他のカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/07/17)

Q:正規手順で特殊召喚墓地へ送られたこのカードを、他のカード特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(11/07/17)

Q:《スキルドレイン》適用中にシンクロ素材とできますか?
A:いいえ、できません。(11/07/17)

Q:同じタイミングで複数枚の《カゲトカゲ》を特殊召喚する効果発動させることができますか?
A:同一のタイミングでは《カゲトカゲ》は1枚しか効果発動させることができません。(11/08/12)

Q:《魔導戦士 ブレイカー》召喚に成功した時に、《魔導戦士 ブレイカー》効果チェーンして自分はこのカード効果発動しようとしています。
  同時に、相手《奈落の落とし穴》発動しようとしています。
  この場合、どちらに先にチェーンする権利がありますか?
A:先に相手《奈落の落とし穴》発動できます。
  また、それにチェーンして《カゲトカゲ》の効果発動できます。(12/05/24)

Q:召喚に成功した時に一度優先権を放棄し、チェーン1:相手《落とし穴》チェーン2:自分の《カゲトカゲ》という順で発動できますか?
A:できます。(12/11/21)

広告