《カバリスト/Doctor Cranium》

効果モンスター
星1/地属性/サイキック族/攻 100/守 100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
800ライフポイントを払う事で
自分のデッキからサイキック族モンスター1体を手札に加える。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性サイキック族下級モンスター
 デッキからサイキック族サーチする誘発効果を持つ。

 自爆特攻させるにはあまりにステータスが低いので、基本的に守備表示で出して攻撃を待つことになるだろう。
 効果発動にはライフコストも必要だが、サイキック族ならどんなモンスターでもサーチすることができるのが強み。
 攻撃表示の状態で《強制転移》《サイコジャンパー》送りつけて、戦闘破壊して大ダメージを狙う戦法も有効。

 しかし、【サイキック族】が基本的に下級モンスター主体のデッキであることも鑑みると、このカードを使ってサーチすることが必要な場面は少ない。
 レベル1という点も、使用可能なチューナーレベル2・3のみのサイキック族では高レベルに繋ぎにくいデメリットが目立つ。
 リクルートなら《静寂のサイコウィッチ》など、ライフコストなどのない使いやすいものがある。

 このカードを生かす構築は、《静寂のサイコウィッチ》で対応できない上級モンスター、特に《マックス・テレポーター》が主体になるだろう。
 リクルートしても効果が使えない《沈黙のサイコウィザード》も悪くない候補である。

  • 「カバラ」とは、ユダヤ教の伝統を基に、神から律法の真意を学ぶことを目的として考えられた神秘主義思想である。
    16世紀に思想としての体系を確立し始めた当時、カバラ思想を持つ者は「カバリスト」と呼ばれていた。
    現在では、単にオカルトの一種として扱われ、専ら個人の運命を占う技術としての運用が一般的となっている。
  • 英語名は直訳すると「頭蓋博士」といったものになる。
    どうやら、大きめの頭部を持つこのモンスターのデザインから連想したようだ。
    しかし、これではサイキック族どころかオカルトからすらも無縁のカード名になってしまう。
    直接ではないものの、発端が宗教絡みという事での配慮なのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《カバリスト》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 サイキック族 攻100 守100

広告