《ガイアパワー/Gaia Power》

フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する地属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場したフィールド魔法
 地属性モンスター攻撃力全体強化し、守備力全体弱体化する効果を持つ。

 地属性は数の多い属性だが、属性としてのまとまりは薄い。
 そのため、地属性で統一したデッキを組む意義が薄く、このカードの採用意義も相対的に薄くなってしまう。
 地属性統一カテゴリは少なくないが、攻撃力強化のみのこのカードは、カテゴリサポートカードより優先して投入できる性能ではない。
 《H・C 強襲のハルベルト》など、戦闘で勝つことが重要なカードを多用するなら検討できるか。

 地属性には攻撃力の高い通常モンスターが多いため、【通常モンスター】においても利用可能。
 下級モンスターでは、攻撃力2000の《ジェネティック・ワーウルフ》《G戦隊 シャインブラック》《ライドロン》攻撃力1900の《ヂェミナイ・エルフ》《甲虫装甲騎士》《セイバーザウルス》レベル攻撃力1750の《ジェリービーンズマン》チューナー《エンジェル・トランペッター》《チューン・ウォリアー》等が該当する。
 ただ、現在では《天威無崩の地》耐性ドローという選択肢もあり、どちらを選択するかは戦術次第と言える。

 戦闘で突破されやすいが、魔法・罠カードを封じる《ナチュル・バンブーシュート》や、《ナチュル・ビースト》などの補助にも向く。
 ナチュルなら地属性で統一されているため、種族の違いを気にせず強化できる。

 注意点としては、守備力が下がる点から表示形式を変更する効果ステータスを入れ替える効果を使われると裏目に出る。
 《ギガンテス》と併用する場合は、《ギガンテス》戦闘破壊されるとこのカード破壊されてしまう。
 リンクモンスターならば守備力がそもそも存在せず、弱体化の影響はない。
 また、地属性は全属性で2番めに数が多いため、相手地属性を出してくる可能性も高い。
 このカードの効果はお互いに適用されるため、地属性同士の戦闘では意味をなさず、直接攻撃される場合は相手を利する事になる。

  • 「ガイア(Gaia)」とは、ギリシア神話に登場する大地の女神の名である。
    夫であるウラノスとの間に、ヒュペリーオーンテーテュース等多くの子を産んでいる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

―特定の属性モンスター攻撃力を500ポイントアップし、守備力を400ポイントダウンするフィールド魔法

―《ガイアパワー》が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ガイアパワー》 魔法 フィールド魔法

広告