《ガガガラッシュ/Gagagarush》

通常罠
自分フィールド上の「ガガガ」と名のついたモンスターが、
相手モンスターの効果の対象になった時に発動できる。
その相手モンスターの効果を無効にし破壊する。
その後、破壊したモンスターの攻撃力と守備力の内、
高い方の数値分のダメージを相手ライフに与える。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した通常罠

 モンスター効果無効化できる数少ない罠カードだが、発動条件が厳しく制限されている。
 対象をとる効果としては《鳥銃士カステル》など遭遇率が高いものも多く、それらを無効にしつつ除去できる上にダメージを与えられる。
 しかし、ガガガモンスター自分ターン中にエクシーズ素材にする場合が多く、モンスター効果対象に選択されることは少なく、発動の機会も限られてしまう。
 使うのであれば《ガガガガンマン》《ガガガザムライ》アタッカーとした使う場合や、《ガガガタッグ》などで強化した場合か。

 また、モンスター効果以外で除去される可能性もあり、ガガガが消えてしまうとこのカード腐る可能性も増す。
 フリーチェーン《サンダー・ブレイク》等の対策もするなら、より汎用性の高い《トラップ・スタン》等でも充分である。
 また、フィールド以外のガガガモンスターは守れないため、《D.D.クロウ》《虚空海竜リヴァイエール》などには無力である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《ガガガマジシャン》相手《エフェクト・ヴェーラー》対象になった時、発動できますか?
 また、ダメージはどうなりますか?
A:《ガガガラッシュ》を発動する事はできますが、《エフェクト・ヴェーラー》攻撃力守備力は0である為、ダメージを与える事はできません。(12/04/14)

Q:《ガガガマジシャン》相手《トラゴエディア》の「モンスターコントロールを得る効果」の対象になった時、発動できますか?
 また、この時に相手手札が3枚の場合、ダメージはどうなりますか?
A:チェーンして《ガガガラッシュ》を発動する事はできますが、《トラゴエディア》攻撃力守備力には「?」と記載されている為、攻撃力守備力の数値は0として扱われ、ダメージを与える事はできません。(12/04/14)

Q:効果解決時にその相手モンスター効果《禁じられた聖杯》効果無効になった場合、その相手モンスター破壊されますか?
A:いいえ、このカードの効果によって無効にする処理ができず、破壊されません。(12/05/23)


Tag: 《ガガガラッシュ》 通常罠 ガガガ

広告