《ガスタの神裔(しんえい) ピリカ/Pilica, Descendant of Gusto》

効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1000/守1500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から風属性のチューナー1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動したターン、自分は風属性以外のモンスターを特殊召喚できない。
「ガスタの神裔 ピリカ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した風属性サイキック族下級モンスター
 ガスタの名を持ち、召喚・特殊召喚に成功した時に風属性チューナー1体を蘇生する誘発効果を持つ。

 発動条件が緩く、その効果によりすぐにシンクロ召喚に使用することができる。
 蘇生するモンスターガスタでなくても良いため、【ガスタ】だけでなく、他の【風属性】デッキにも採用することができる。
 特殊召喚でも良いためガスタの豊富な特殊召喚手段や《緊急テレポート》も利用可能。
 後者は【ガスタ】以外に組み込む場合でも有効だが、共有できる風属性チューナーが存在しない点は念頭に置いておこう。

 ガスタの名を持つ数少ないレベル3のモンスターであり、《ガスタ・ガルド》等が墓地にあればこのカード1枚から《ダイガスタ・スフィアード》シンクロ召喚できる。
 あちらの効果でこのカードサルベージすれば、再度召喚してシンクロ召喚が狙えるため、実質的に消費枚数0となる。
 ただ、【ガスタ】墓地ガスタデッキに戻して発動する効果が多いため、このカードを採用する場合、デッキに戻すガスタには注意を払う必要がある。
 また、ガスタシンクロモンスターチューナーを指定しないため、《ダイガスタ・スフィアード》に限らず他デッキでもガスタシンクロモンスター全般が扱える。
 ただし《ダイガスタ・スフィアード》以外は蘇生対象や、それを扱えるデッキとの相性が良くないものも多い。
 あくまで選択肢の一つと考えておくほうが良いだろう。

 自分ターン蘇生を行うと、シンクロ召喚する先も含め、風属性以外を一切特殊召喚できなくなるため、シンクロモンスターの選択肢が制限される。
 ガスタシンクロモンスター以外では、《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》あたりが有力な候補となる。

 《弦魔人ムズムズリズム》などのランクエクシーズモンスターを利用する事も考えられるが、あまり風属性エクストラデッキに詰め込むと、他の展開手段に影響が出てくる点は注意したい。

 チューナー効果無効になるが、一部が持つ効果外テキスト無効にできない。
 《クイック・シンクロン》の場合は、《フルール・ド・シュヴァリエ》のみが直接シンクロ召喚可能であり、《ターボ・ウォリアー》《ジャンク・バーサーカー》レベルを下げるか別の非チューナーと組み合わせる必要がある。
 《エキセントリック・ボーイ》手札《ガスタ・グリフ》コンボできるので、メリットにもデメリットにもなると言える。

  • 「神裔」とは「神の子孫」や「皇族(またはその血筋)」を意味する。
    また「ピリカ」とはアイヌ語で「美しい、良い」という意味。
    後述の《ガスタの希望 カムイ》との関連性も考慮すると、「善き神」を意味する「ピリカ・カムイ」が由来だろう。
  • 英語名の「Descendant」は数世代を経た子の事を指す。
    親が《ガスタの希望 カムイ》らを指しているとすると、先の大戦からはとても長い時間を経ていることになる。

関連カード

―《ガスタの神裔 ピリカ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚された場合、効果発動することはできますか?
A:はい、発動できます。(14/02/15)


Tag: 《ガスタの神裔 ピリカ》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 サイキック族 攻1000 守1500 ガスタ

広告