《キング・オブ・ビースト/King of the Beasts》

効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻2500/守 800
自分フィールド上に表側表示で存在する「モジャ」1体をリリースして発動する。
このカードを手札または墓地から特殊召喚する。
「キング・オブ・ビースト」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した地属性獣族最上級モンスター
 特定のモンスターリリースして手札墓地から特殊召喚する起動効果フィールド上に1体しか存在できないルール効果を持つ。

 墓地からの特殊召喚が可能なので、《おろかな埋葬》手札コストによって積極的に墓地に送りたい。
 この戦術は《森の番人グリーン・バブーン》《暗黒のマンティコア》と共有できるため、既存の【獣族】【ビースト】にも組み込みやすい。

 肝心の《モジャ》フィールドに揃える方法もそれほど難しくない。
 《モジャ》《ビーストライカー》《ワン・フォー・ワン》リクルートでき、このカード手札コストにする場合、実質1枚の消費で特殊召喚の準備が整う。
 また、《魔獣の懐柔》《モジャ》レベル2の獣族2体をリクルートできるので、このカード《No.64 古狸三太夫》を並べられる。
 その際攻撃力2500の影武者狸トークンも生成できるので、1ターン目から総攻撃力6000の布陣ができ上がる。

 《デブリ・ドラゴン》《ジャンク・シンクロン》による《モジャ》蘇生から、そのまま特殊召喚にも繋げるのも良い。
 とりわけ毎ターン《モジャ》蘇生できる《金華猫》ならば、何度除去を受けてもこのカードフィールドに居座らせることができる。
 ただし、バウンスはまだしもこのカード《モジャ》除外されると厳しい点には気をつけたい。

 このように特殊召喚手段は豊富だが、フィールドに出た後はバニラ同然であることが最大の弱点。
 攻撃力2500という点も、エクストラデッキからそれ以上の打点のモンスターが出やすい現環境では決して安心できるものではない。
 このカードシンクロ素材エクシーズ素材として利用することも視野に入れるべきだろう。
 また、同名カードを展開できないデメリットもあるため、2枚目以降のこのカード手札で持て余しやすい
 《スキルドレイン》《森の番人グリーン・バブーン》を併用する手もあるが、その場合に《モジャ》特殊召喚方法が魔法・罠カード頼みになるため安定しにくい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《キング・オブ・ビースト》の効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果の種別は、起動効果となります。
  また、『フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。』効果については、特に分類のない効果(→ルール効果)となります。(13/08/29)

Q:手札からこのカード特殊召喚する効果発動しそれにチェーンをして《マインドクラッシュ》等の効果でこのカード墓地へ送られた場合、効果解決時墓地から特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(10/09/18)

Q:フィールド上に1体しか表側表示で存在できない効果は、《スキルドレイン》無効化されますか?
A:無効化されます。ただし、手札墓地等に存在する《キング・オブ・ビースト》の方の効果無効になっていませんので2体目を表側表示特殊召喚等はできません。(10/09/18)

Q:墓地手札それぞれにこのカードが存在する場合、効果発動する際にどちらであるかを明言する必要がありますか?
A:はい、例えば墓地の《キング・オブ・ビースト》の効果発動する場合は「墓地の《キング・オブ・ビースト》の効果発動」と明言する必要があります。
  また、手札の《キング・オブ・ビースト》の効果発動する場合は見せて「手札の《キング・オブ・ビースト》の効果発動」と明言する必要があります。(13/08/29)


Tag: 《キング・オブ・ビースト》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 獣族 攻2500 守800

広告