《クロック・リゾネーター/Clock Resonator》

チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/悪魔族/攻1200/守 600
このカードがフィールド上に表側守備表示で存在する限り、
このカードは1ターンに1度だけ戦闘またはカードの効果では破壊されない。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性悪魔族下級モンスターチューナー
 守備表示の時に、1ターンに1度破壊されない永続効果を持つ。

 同じリゾネーター《ダーク・リゾネーター》と類似した破壊耐性を持つが、効果破壊にも耐性を持つ。
 ただし、守備表示でしか効果を発揮できないので、守備表示特殊召喚するか、攻撃を受けてリバースする必要がある。
 この点がなかなか扱いにくく、シンクロ召喚を行いたいタイミングでは耐性を発揮できない事が多い。
 守備表示セットした状態でも攻撃を1度しのぎ、以降耐性を得続けることはできるのだが、続けざまに攻撃破壊効果を受けるとそれもできない。
 完全に相手待ちの状態になってしまうので、1ターンで突破される隙を与えやすいのである。

 また攻撃表示戦闘破壊耐性を得られない点は、攻撃に参加させにくいだけでなく、シンクロ召喚エクシーズ召喚を狙う際に、もう一方が除去された場合などで響いてくる。
 自分で発動した破壊カードでも、耐性効果は発揮されるので、《激流葬》等とコンボは可能だが、上記のように耐性を得るのに一手間かかる。
 無理に狙わず、あくまで可能であるという認識で用いるほうがよいだろう。

 このように《ダーク・リゾネーター》に比べ長所よりも短所が目立ち、汎用性を落としている。
 属性を活かした構築でなければ優先させることは難しい。

 地属性である点は《クレーンクレーン》と相性がよく、1枚で《ナチュル・パルキオン》《銀嶺の巨神》が利用できるというメリットがある。
 レベル3・地属性チューナーは多いが、悪魔族はこのカードのみであり、《魔界発現世行きデスガイド》リゾネーターサポートカードが扱える点で採用の余地は十分にある。

 また地属性悪魔族という組み合わせから、《ブロック・ゴーレム》を扱う岩石族《E−HERO ダーク・ガイア》の併用が狙える。
 レベル地属性とで《スクラップ・デスデーモン》《ナチュル・ランドオルス》とを使い分けられる他、レベル3とでは《銀嶺の巨神》《太鼓魔人テンテンテンポ》《ダーク・コーリング》除外コストを確保できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード裏側守備表示の状態で攻撃を受けた場合、その戦闘破壊されますか?
A:いいえ、バトルステップでは裏側表示ですが、ダメージステップ時に表側守備表示になり永続効果が適用され、破壊されません。(11/11/07)

Q:戦闘破壊されない効果カードの効果破壊されない効果は、同一ターン中にそれぞれ一度ずつ適用できますか?
A:いいえ、片方を適用した場合、同一ターン中にもう片方を適用することはできません。(11/02/14)


Tag: 《クロック・リゾネーター》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 悪魔族 攻1200 守600 リゾネーター

広告