《クロノダイバー・レトログラード/Time Thief Retrograde》

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「クロノダイバー」Xモンスターが存在し、
魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスターの下に重ねてX素材とする。

 IGNITION ASSAULTで登場したカウンター罠
 魔法・罠カード発動無効にし、そのカードクロノダイバーエクシーズモンスターエクシーズ素材にする効果を持つ。

 クロノダイバーエクシーズモンスターの存在を条件とするが、単なるカウンターだけでなくエクシーズ素材にできるのが利点。
 《クロノダイバー・リダン》エクシーズ素材にする事であちらのドロー除去に繋げる事ができる。
 特に罠カード無効にした場合はこのカードとあちらの除去とで二重の妨害となる。
 魔法カードの場合でも自分ターンならば攻め手を増やすことに繋がり、相手ターンならば手札誘発を引ければ制圧力が増す。

 モンスター効果にはカウンターできないため、その対処はしておきたい。
 《クロノダイバー・リダン》しか存在しない場合、効果で自身を除外して除去を回避したとしても、発動条件を満たさない状態になってしまう。
 いざという時には自分魔法・罠カード無効にしてエクシーズ素材にできることも覚えておきたい。

  • カード名の「レトログラード/retrograde」は、腕時計の特殊機能を意味する。
    針が扇状に動作し、端まで達すると瞬時に折り返してスタート地点に帰針する機構で、 時・分・日付・曜日などを表示する際に用いられるものである。
  • イラストにおいて、《クロノダイバー・リューズ》《クロノダイバー・リダン》がサムズアップをし、時空旅行の幸運を祈るかのような場面が描かれている。
    • モニターでは2041年10月25日から2012年5月20日へ時間を遡っている事が示されている。
      2012年5月20日は金環日食が日本で観測された日付であり、2041年10月25日も同じく金環日食が観測できるとされている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《クロノダイバー・レトログラード》 カウンター罠 クロノダイバー

広告