《グリード/Greed》

永続罠
カードの効果でドローを行ったプレイヤーは、そのターンのエンドフェイズ終了時に
カードの効果でドローしたカードの枚数×500ポイントダメージを受ける。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した永続罠
 各プレイヤーは、エンドフェイズ毎にそのターンカードの効果ドローした枚数に応じたダメージを受ける効果を持つ。

 相手ドローを強制させて、このカードの効果ダメージを与えるのが基本となる。
 大量ドローを行う相手に対するメタや抑止力としてはダメージが小さい上に与えるのが遅く、除去されてしまいがちである。
 ドローさせる場合も、相手に得をさせないことが前提となる。

 上手く使えれば16枚ドロー相手ライフを削り切れ、累積もするため、特化すればそこそこ効率は良い。
 このカードを使う場合には、《攪乱作戦》《手札抹殺》等の手札交換を行わせるカードや、《大盤振舞侍》《電動刃虫》等の相手に何枚もドローさせるカードを併用することになる。
 大量ドローさせた後は《大暴落》で一気に手札を減らすコンボも可能。
 《メタモルポット》も相性が良く、ドローによるアドバンテージを帳消しにしつつ、2500のダメージを確定できる。
 もっとも、自分ダメージを受けることがあるため、考えて使わなければ自滅する恐れもある。

 トリックスターは相性が良く、《トリックスター・マンジュシカ》は倍率こそ低いがこのカードと同様にダメージを与え、《トリックスター・ブルム》《トリックスター・ブラッディマリー》相手ドローさせることができる。
 《トリックスター・リンカーネイション》除外《攪乱作戦》といえる効果でやはり大量ドローさせることが可能。

 このカードダメージを与えることに特化したデッキ【グリードバーン】である。

  • 「グリード/Greed」は英語で「強欲」を意味する。
    キリスト教における「七つの大罪」の一つにも数えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    元ネタは原作第1話で闇遊戯が牛尾に対して実行した罰ゲームだろう。
    これを受けた牛尾は「欲望の幻想」を見せられ、朝まで枯れ葉と戯れる事になる。
  • 東映版アニメでは上記の話自体が全体的に改変されたため、罰ゲームの内容も全く違ったものとなっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カードの発動《地獄の扉越し銃》発動できますか?
A:いいえ、できません。(08/05/16)
  →《我が身を盾に》永続罠の関係も参照。

Q:ダメージを与える効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(10/06/11)

Q:お互いプレイヤーカードの効果ドローをしなかったターンエンドフェイズ終了時にチェーンブロックは作られますか?
A:作られます。(10/09/01)

Q:ダメージを与える効果チェーンしてカードドローする効果発動した場合、このドロー分の枚数もカウントされますか?
A:《グリード》のダメージを与える効果チェーンしてカードドローする効果発動した場合、《グリード》の効果チェーンして発動したカードの枚数も含めてダメージを与えます。(10/07/17)

Q:このカード適用しているターン中にカードの効果によるドローを行い、その後、《王宮のお触れ》発動しました。
  《王宮のお触れ》がそのターン内に破壊された場合、《王宮のお触れ》発動前のカードの効果によるドローは、エンドフェイズ時に参照する「カードの効果ドローした数」として数えられますか?
A:数えられます。(10/09/01)

Q:このカード表側表示フィールド上に存在し、《王宮のお触れ》適用している状態でカードの効果によるドローが行われ、そのエンドフェイズまでに《王宮のお触れ》破壊された場合、このドローエンドフェイズ時に参照する「カードの効果ドローした数」として数えられますか?
A:数えられます。(10/09/01)

Q:《強欲で謙虚な壺》手札加えるカード《グリード》ダメージを与える効果で「カードの効果ドローした数」としてカウントされますか?
A:いいえ、《強欲で謙虚な壺》カード手札に「加える効果の為、ダメージを与えることはできません。(11/11/04)


Tag: 《グリード》 永続罠

広告