《コードブレイカー・ウイルスソードマン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻2300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 ETERNITY CODEで登場した闇属性戦士族リンクモンスター
 相互リンク状態で特殊召喚に成功した時に手札デッキ墓地から《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚する誘発効果相手によって破壊されたターンエンドフェイズ自己再生できる誘発効果を持つ。

 (1)は《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚する効果
 相互リンク状態で特殊召喚し、なおかつ空いているリンク先を必要とするため下準備が必要となる。
 自分相手フィールドを選べるのであちらの弱体化適用させたり、リンク素材にしてさらなる展開へと繋げられる。
 また、除外されていなければ1枚を使いまわせるので少数採用でも機能しやすい。
 時の任意効果なのでチェーン2以降の効果特殊召喚する場合はタイミングを逃す点に注意。
 なお、リンク召喚発動させる場合はチェーン2以降に《I:Pマスカレーナ》などの効果を用いた場合くらいなのであまり気にする必要はない。

 自分フィールドに展開した場合は《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》への展開も視野に入る。
 この動きをできる限り効率よく消費を抑えて行うのならば、左下と下方向のリンクマーカーを持つリンクモンスターと併用したい。
 エクストラモンスターゾーンにそのリンクモンスターを予め出しておき、その真下にこのカード特殊召喚する事で、このカードの左横に《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚できる。
 そのまま、2体を素材に《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》エクストラモンスターゾーンの真下にリンク召喚すれば、あちらの効果でこのカード《コードブレイカー・ゼロデイ》の両方を自分フィールド蘇生できる。
 該当するリンク2はいずれもリンク素材縛りがあるが、《サイバース・ウィッチ》《クロック・リザード》《リンクリボー》などを経由すれば良いので多少は楽。
 左下/下のリンクマーカーを含むリンク3以上を使うのも手で、例えば《神聖魔皇后セレーネ》なら魔法使い族蘇生させてこのカードリンク素材確保も狙える。

 (2)は自己再生効果
 相手依存でタイミングも遅いが、相互リンク状態で特殊召喚すれば(1)の効果発動できる。
 エクストラモンスターゾーンに下向きのものを含むリンクマーカーを持つリンクモンスターが必要になるが、上手くいけば返しのターンで態勢を立て直せる。

 緩いリンク素材縛り且つリンク2では最大の攻撃力を持つため、(1)を無視してアタッカーとしての運用も検討できる。
 2300という攻撃力は高いとは言えないが、《精神操作》などを使用して相手モンスターがいなくなった場合などでは有用な選択肢となる。

  • アニメ版のテキストは以下の通り。
    「コードブレイカー」モンスター2体
    このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):相互リンク状態となるように、このカードが特殊召喚に成功した場合、
    フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
    自分の手札・墓地からレベル4以下の「コードブレイカー」モンスター1体を選び、
    そのモンスターを対象のモンスターのリンク先となる自分または相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
    (2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、
    相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターの攻撃力は、フィールドの「コードブレイカー」モンスターの数×500ダウンし、
    そのダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。
    (3):このカードが相手の効果で破壊され、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
    このカードを墓地から特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
    OCG化の際に(2)が削除されたが、代わりにリンク素材縛りが大きく緩和され、(1)はデッキからも選べる様になり、(3)は戦闘破壊でも発動するようになった。
    なお、(1)は「レベル4以下のコードブレイカー」と指定されていたが、アニメにおいても《コードブレイカー・ゼロデイ》以外の下級コードブレイカーは登場していない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コードブレイカー・ウイルスソードマン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 戦士族 攻2300 コードブレイカー

広告