《コアキメイル・アイス/Koa'ki Meiru Ice》

効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1900/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の永続魔法カード1枚を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
また、自分のメインフェイズ時に手札を1枚墓地へ送って発動できる。
フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して破壊する。

 RAGING BATTLEで登場した水属性水族下級モンスター
 維持コストを要するコアキメイル共通の効果外テキストと、手札1枚と引き換えに特殊召喚されたモンスター破壊する起動効果を持つ。

 高い攻撃力に加え、特殊召喚されたモンスター除去する効果も持ち合わせている。
 だが自分ターンでないと使えないため、相手が前のターンに展開したエクシーズモンスターなどが存在する時に召喚し、除去するのが主な仕事となる。
 ほとんどのデッキ特殊召喚を利用する今日では、発動する機会は多いだろう。

 【コアキメイル】においては、《コアキメイル・ウルナイト》から呼び出して除去要員兼アタッカーとして使うのが有効。
 ただしこの場合、同じく特殊召喚されたモンスター破壊する《コアキメイル・トルネード》がライバルとなる。
 こちらの方が若干攻撃力が高いものの、あちらは維持コストがないためこのカードよりも扱いやすい。
 また、特殊召喚されたモンスターを複数破壊する場合、こちらはその分多く手札コストを払わなければいけないが、あちらは1回のドローロック(実質1枚の手札コスト)で全て破壊できるので、コストパフォーマンスの面でも劣っている。
 このカードを有効に使う場合、攻撃力が高く戦線を維持しやすい点を活かすべきだろう。

 厄介な点として、維持コストとして永続魔法公開が必要となる。
 しかし、永続魔法は一般的なデッキにはそれほど多く採用されないため、特定の種族維持コストとする他のコアキメイルと比べて投入できるデッキは限られてくる。
 【コアキメイル】の場合、《炎舞−「天キ」》《オーバー・コアリミット》等が搭載されるので、ある程度の永続魔法は確保できる。
 その他の永続魔法を使うデッキとしては【炎星】【DD】などが挙げられるが、属性種族面でシナジーのあるデッキは乏しく、【コアキメイル】以外に搭載するのは難しい。
 現在のところ、【アクアアクトレス】種族属性維持コストの3点で噛み合い、アクアリウム蘇生効果にも対応する。
 しかし《アビス・ソルジャー》《かつて神と呼ばれた亀》など、競合相手が少なくないのが実情である。

関連カード

―《コアキメイル・アイス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:テキスト後半の手札墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(09/02/19)

Q:対象をとりますか?
A:対象をとります。(09/02/19)

Q:裏側表示特殊召喚されたモンスター破壊することは可能ですか?
A:はい、破壊できます。(10/06/25)

Q:表側表示特殊召喚されたモンスター《月の書》裏側表示になった場合、そのモンスター破壊できますか?
A:はい、破壊できます。(10/06/25)

Q:特殊召喚されたモンスター《亜空間物質転送装置》除外し、その後フィールド上に戻った場合、そのモンスター破壊できますか?
A:はい、破壊できます。(10/06/25)


Tag: 《コアキメイル・アイス》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 水族 攻1900 守1200 コアキメイル

広告