《コアキメイル・ルークロード/Koa'ki Meiru Rooklord》

効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2800/守2200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
このカードは「コアキメイル」と名のついたモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「コアキメイル」と名のついたカード1枚をゲームから除外する事で、
相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した地属性戦士族最上級モンスター
 維持コストを要するコアキメイル共通の効果外テキストと、リリースを軽減する効果外テキスト召喚成功時にフィールドのカードを2枚まで破壊する誘発効果を持つ。

 コアキメイルによってリリースを軽減できるため、【コアキメイル】では上級モンスターに近い感覚で使える。
 召喚に成功した時の効果リリースしたコアキメイルコストとして発動できる。

 コアキメイルモンスターにしても魔法・罠カードにしても、除去に関しては手薄な部分が多く、その点を補うことができる。
 攻撃力も高く、コアキメイルには戦士族《コアキメイル・ベルグザーク》の存在もあるため維持しやすい。
 《連撃の帝王》を合わせれば、相手ターン中でも破壊効果発動でき、展開を妨害することもできる。

 しかし【コアキメイル】では、このカードアドバンス召喚する余裕はあまりないのが実状である。
 採用する場合はこのカードリリース確保を怠らないようにデッキを構築したい。
 《コアキメイル・ウルナイト》《炎舞−「天枢」》を併用することで召喚権リリース除去コストを一度に賄える。
 《緊急合成》《リビングデッドの呼び声》とも相性が良い。

 とは言え単体で高い攻撃能力やメタ能力を持つコアキメイルならば、そのまま維持してしまったほうが有利な場合すらある。
 アドバンス召喚を伴うモンスター効果のため、召喚無効にされた時のリスクも大きい。
 リリースとは別に維持コストを握る必要もあるため、対高ステータスモンスターとしてもエクシーズ召喚除去カードを用いたほうが無難である。

関連カード

―《コアキメイル・ルークロード》の姿が見られるカード

戦士族のコアキメイル

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セット状態のコアキメイルリリースする場合でも、1体のリリースアドバンス召喚できますか?
A:はい、可能です。(09/10/14)


Tag: 《コアキメイル・ルークロード》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2800 守2200 コアキメイル

広告