《コアキメイルの鋼核(こうかく)/Iron Core of Koa'ki Meiru》

通常魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、
墓地のこのカードを手札に加える事ができる。
また、自分のドローフェイズ時に
手札から「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、
墓地のこのカードを手札に加える。

 RAGING BATTLEで登場した通常魔法
 通常のドローを放棄する代わりに自身をサルベージする効果手札コアキメイルモンスターコストに自身をサルベージする効果を持つ。

 1つ目の効果に比べて、2つ目の効果の場合手札の枚数こそ変わらないものの、通常のドローを行うのでデッキを掘り進める事ができる。
 状況にもよるが墓地アドバンテージは得られるので、できるだけ2つ目の効果サルベージした方がいいだろう。

 サルベージ効果以外ではコアキメイルモンスターの維持コストか、一部のコアキメイルサポート発動のために墓地に置いたりすることになる。
 特に《コアキメイル・ウルナイト》リクルート効果には無くてはならない存在なため併用は必須。
 【コアキメイル】では一部のデッキタイプを除き、文字通り核となるカードである。

 しかし自身はサルベージ以外に効果も持たず、必須カードにも関わらず複数枚投入しても単体では何の意味もない。
 かといって除外された場合は回収が困難であるため、サーチは容易なもののピン挿しすることは躊躇われる。
 いずれにしろこのカードコアキメイルサポートカードもお互いの存在ありきということを念頭に入れて枚数を調整したい。

  • また、米KONAMIの開発スタッフによれば、ある日研究所の近くに隕石が衝突し、空けた巨大なクレーターの中心にこの物質が存在していたとされる。
    短時間で周囲を防壁に変える力に驚いた《コザッキー》達が防壁を打ち壊して研究所に持ち帰り、遺伝子工学による戦闘兵器に使用しているとの解説があり、マスターガイドでの解説と食い違っている部分も見られる。

関連カード

サポートカード

―《コアキメイルの鋼核》を必要とする効果を持つモンスター

―《コアキメイルの鋼核》を必要とする魔法・罠カード

―限定的に《コアキメイルの鋼核》を必要とする魔法・罠カード

―通常の発動を行えない魔法・罠カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:2種類の手札戻す手段は、両方ともチェーンブロックを作る処理ですか?
  2つ目の効果墓地へ送るのはコストですか?
A:両方とも作ります。コストです。(09/03/03)

Q:墓地に《コアキメイルの鋼核》が2枚あるとき、その両方で1つ目の効果を使い手札に回収できますか?
A:「チェーン1:《コアキメイルの鋼核》A」「チェーン2:《コアキメイルの鋼核》B」とチェーンを積めますが、回収できるのはBだけです。(10/11/25)

Q:《閃光の宝札》により2枚の通常ドローが可能である時、「このカードを2枚回収」が可能ですか?
A:いいえ、墓地に存在する2枚の《コアキメイルの鋼核》の「自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに〜」の効果をそれぞれチェーンして発動する事はできますが、墓地から手札に加える効果を処理をできるのは、チェーン2で発動した《コアキメイルの鋼核》1枚のみとなります。(14/01/27)

Q:《閃光の宝札》により2枚の通常ドローが可能である時、「通常ドロー1枚+このカード回収」が可能ですか?
A:いいえ、この場合《閃光の宝札》効果適用して2枚ドローするか、《コアキメイルの鋼核》1枚を通常ドローする代わりに墓地から手札に加えるかの、いずれか一つからしか選べません。(14/01/27)

Q:デッキ枚数が0枚の時に1つ目の効果を使えますか?
A:いいえ、できません。(09/11/19)

Q:《コアキメイルの鋼核》を通常ドローの代わりに手札に加えようとしたところ、《D.D.クロウ》除外されました。
  この場合、自分デッキからカードをドローできるのでしょうか?
A:いいえ、できません。(09/05/23)

Q:《マジカルシルクハット》で出した裏側守備表示の《コアキメイルの鋼核》1枚を《血の代償》を用いリリースすることで《コアキメイル・ルークロード》アドバンス召喚することは可能でしょうか?
A:はい、可能です。(09/12/20)


Tag: 《コアキメイルの鋼核》 魔法 通常魔法 コアキメイル

広告