《コア濃度圧縮(のうどあっしゅく)/Core Compression》

通常魔法
手札の「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せ、
手札から「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を捨てて発動する。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常魔法
 手札《コアキメイルの鋼核》公開と、手札コアキメイルモンスター捨てることで発動し、2枚ドローする手札交換効果を持つ。

 【コアキメイル】専用の手札交換カードだが、発動条件が二重に設定されている。
 このカードを含めて3枚もの手札が必要なため、他の手札交換カードと比較してやや使いづらい。
 もっとも、コアキメイルには《コアキメイルの金剛核》があるため、発動するのはそこまで苦ではない。
 コアキメイルモンスター《コアキメイルの鋼核》の両方のサーチに対応するため、足りない方を即座に用意できる。

 気を付けることがあるとするなら手札コアキメイルフィールドコアキメイル維持コストになっている場合だろう。
 例えば《コアキメイル・ガーディアン》が2枚手札にある場合、片方をこのカードコストにしてしまうか、維持コストとして残すかは悩みどころ。
 維持コストコアキメイル捨てたものの、引いたカードが打開策に繋がらない上、代わりの維持コストも引けなければ目も当てられない。
 そのため、余分に維持コストを確保してからコアキメイルモンスター捨てる等の兼ね合いも重要になってくる。

 いずれにせよ、手札相手の状況を考慮し発動するタイミングを見誤らないようにするべきだろう。
 もちろんフィールドコアキメイルがいない場合や、フィールド維持コストコアキメイルが噛み合わない場合は躊躇無く発動したい。
 エクシーズ召喚に繋げ、フィールドコアキメイルを残さないのも1つの手である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《コア濃度圧縮》 魔法 通常魔法

広告