《コピーキャット/Mimicat》

通常魔法
「コピーキャット」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」及びトゥーンモンスターが存在する場合、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードがモンスターだった場合、
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
そのカードが魔法・罠カードだった場合、
そのカードを自分フィールドにセットする。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した通常魔法
 1ターンに1枚しか発動できない制限、《トゥーン・ワールド》トゥーンモンスター発動条件にして相手墓地モンスター自分フィールド特殊召喚するか魔法・罠カードセットする効果を持つ。

 発動するには《トゥーン・ワールド》トゥーンモンスターが存在する必要があるため、相手除去を多用されると腐りやすくなる。
 トゥーンと名のついたカードではなく《トゥーンのもくじ》でのサーチはできないので、いつ引いても良いよう発動条件はなるべく整えやすくする必要がある。
 トゥーンモンスターには《トゥーン・キングダム》耐性を付与できるため、《トゥーン・キングダム》除去から守れるように意識した構築にしたい。

 発動条件はそれなりに厳しいものの、奪ったカードに関しては何の制限もない。
 ただし、カテゴリ種族サポートカードを利用するデッキは多く、奪っても使用できない場合もある。
 もっとも、特殊なデッキで無ければ汎用性の高い魔法・罠カードが落ちていることは十分考えられるし、適当なモンスター蘇生させてリリース等に使うこともできる。
 もしくは、《影依融合》のようなキーカードを封じるという使い方もある。

 ただ、序盤に複数引いても有効活用しにくく、発動条件もあるため腐る可能性はある。
 固有のサーチカードがない点も合わせ、「タイミング良く引ければ便利」以上の役割を望むのは難しいだろう。

  • 「コピーキャット(Copycat)」とは、英語で『物真似する者』を意味する。
    なお、《ものマネ幻想師》英語名が「Copycat」のため、海外版の漫画やアニメでは《Doppelganger》と名前を変えられた。
    しかし、日本語版で同名の《ドッペルゲンガー》が登場しており、更には《ドッペル・ゲイナー》英語名が「Doppelganger」にされた事で、海外のプレイヤーにとっては非常にややこしい事態となってしまった。
    ちなみに、真DM2の英語版のソフトでは《Mimicat》となっており、TCGでもこの名前が採用された。
  • アニメZEXALの「キャッシーvsドッグちゃん」戦においてキャッシーが使用した速攻魔法《カウンター・にゃうんたー》・通常罠《猫だまし》のイラストに描かれている。
  • 原作での初登場からOCG化まで約17年を要した。
    これはアニメ・漫画出身のカードOCG化するまでの最長記録である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《コピーキャット》 魔法 通常魔法

広告