《ゴーストリック・スケルトン/Ghostrick Skeleton》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1200/守1100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードがリバースした時、
自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、
相手のデッキの上からカードを裏側表示で除外する。
「ゴーストリック・スケルトン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 ゴーストリックの共通テキストリバース時にデッキ破壊を行う誘発効果を持つ。

 ゴーストリックで唯一のデッキ破壊効果の持ち主であり、相手ダメージを与えられなくなる《ゴーストリック・パレード》を軸とするデッキの勝ち筋である。
 1度に最大で6枚のデッキ破壊が可能だが、同名カード効果1ターンに1度であるため、デッキ切れに追い込むまでにやや時間がかかるのが難点。
 いかに《ゴーストリック・パレード》除去されず維持するかが重要となる。

 ほとんどのデッキ破壊カードは、相手墓地アドバンテージを与えてしまうのが弱点となっている。
 だが、このカードは除外するために墓地アドバンテージを与えず、《貪欲な壺》などで回収されるおそれもない。
 更に「裏側表示での除外」であるため《D・D・R》などでの帰還も許さず、デッキ破壊を逆手に取られる可能性は極めて低い。
 最近はキーカードサーチサルベージし展開の基本とするデッキも増えているため、このカードを軸にしなくとも、何枚かカード除外できれば途端にこちらの有利な状況に持ち込める可能性も高い。
 ただし、上述の通りゴーストリックで他にデッキ破壊効果を持つものはいないため、通常の【ゴーストリック】では採用しにくい。

  • LEGACY OF THE VALIANT ブースターズパックガイドによると、何食わぬ顔で展示の中で紛れているらしいが、見た目は普通の骸骨なので誰にも気付かれていないとのこと。

関連カード

―《ゴーストリック・スケルトン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果相手デッキカード裏側表示除外した場合、相手はその除外したカードが何のカード確認できますか?
A:はい、確認できます。また、効果発動したプレイヤーである自分確認する事はできません。(13/11/16)


Tag: 《ゴーストリック・スケルトン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1200 守1100 ゴーストリック

広告