《ゴーストリックの人形(ひとがた)/Ghostrick Doll》

効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 300/守1200
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードがリバースした時に発動する。
そのターンのエンドフェイズ時に
フィールド上に表側表示で存在するモンスターは全て裏側守備表示になる。
その後、この効果で裏側守備表示になったモンスターの数以下のレベルを持つ、
「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚できる。

 PRIMAL ORIGINで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 ゴーストリックの共通テキストと、リバースしたターンエンドフェイズ時にフィールドモンスター裏側守備表示にし、ゴーストリックデッキから特殊召喚する誘発効果を持つ。

 モンスター効果は、フィールドのすべてのモンスター裏側守備表示にした後、裏側守備表示にした枚数に応じてリクルートする効果。
 裏側守備表示にする処理の適用エンドフェイズなので攻撃の抑止にはならないが、次の自分ターンフィールド相手モンスター効果による妨害を受けずに行動できるという点で有用である。
 特殊召喚できるゴーストリックモンスターは「この効果裏側守備表示になったモンスターの数以下のレベル」という制限がかかるが、このカードだけでも裏側守備表示になればレベル1のゴーストリック特殊召喚することはでき、しかもフィールドに他のモンスターが存在するという状況は容易に作れるため、裏側守備表示にするモンスターに困るということは起こりにくい。
 特殊召喚エンドフェイズに行われるため、相手ターン中に特殊召喚したモンスターを処理されにくいという点は、《ゴーストリック・マリー》などに比べて優秀である。
 もちろん、裏側守備表示にするという点も【ゴーストリック】デッキコンセプトに合っており、総じて【ゴーストリック】では重宝されるカードであるといえる。

 効果で参照するのは「裏側守備表示になったモンスターの数」であり、それらの中にゴーストリックが含まれるかどうかは関係せず、リクルート対象同名カードを選択することも制限されていない。
 よって【ゴーストリック】でなくとも、裏側守備表示を多用するデッキにこのカードを複数枚投入、ないしピン挿しするという形でもシナジーは得られる。

 このカード自体の守備力は貧弱なため、長期に渡って維持するのであれば《アストラルバリア》《ゴーストリック・ハウス》などの戦闘回避手段は必須となる。
 また、セット効果が発揮されるのはリバース後のエンドフェイズ、と少々タイミングが遅いため劣勢のときにゲームエンドまで押し切られる危険性は拭い切れない。

  • 人形(ひとがた)」とは、主に神道の大祓等で用いられる和紙で作られた人形で、「形代」とも呼ばれる。
    人間の身代わりになって厄災等から守ってくれるとされている。
    ただ、このカードイラストは西洋的なアンティーク・ドールとなっており、「人形(にんぎょう)」の方がふさわしい外見である。
    • アニメ5D'sで矢薙が所持している速攻魔法呪詛(のろい)返しのヒトガタ》が「人形(ひとがた)」としては基本的である。

関連カード

―《ゴーストリックの人形》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リバースしたこのカードフィールド上に存在しない場合でも効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/15)

Q:《エルシャドール・ミドラーシュ》が存在し、既に特殊召喚を1度行っています。
  このカードリバースした時、どのような処理になりますか?
A:まず、このカード効果発動することはできます。
  そしてエンドフェイズ裏側守備表示にする処理を行います。
  この時、《エルシャドール・ミドラーシュ》裏側守備表示になったならばその後、ゴーストリック特殊召喚する処理も可能となります。(15/01/24)


Tag: 《ゴーストリックの人形》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 魔法使い族 攻300 守1200 ゴーストリック

広告