《ゴゴゴゴラム/Gogogo Goram》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻2300/守   0
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
このカードの表示形式を変更する。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「ゴゴゴ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。

 V JUMP EDITION 10で登場した地属性岩石族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に表示形式を変更する誘発効果と、破壊され墓地へ送られた場合にデッキからゴゴゴ墓地へ送る誘発効果を持つ。

 《ゴブリン突撃部隊》などと同じ攻撃力を持つが、召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に表示形式が変更されてしまう。
 つまり、通常召喚反転召喚すると必ず守備表示で出ることとなり、通常のアタッカーとしての運用は困難である。
 だが、守備表示固定ではなく表示形式の変更なので、守備表示特殊召喚すれば攻撃表示へ変更されるため、このデメリットを解消できる。
 特殊召喚手段としては、《ゴゴゴジャイアント》《ゴブリンドバーグ》《ブリキンギョ》《希望郷−オノマトピア−》等が挙げられ、これらは【ゴゴゴ】でも採用しやすいカードなので、構築やプレイングにも無理は生じない。
 ランク4のエクシーズモンスターに繋げる以外にも、《ライオウ》等のエクシーズ召喚を妨害するモンスターを排除したり、メインフェイズ2に《深淵に潜む者》などの低攻撃力エクシーズモンスターエクシーズ召喚したい場合に役立つだろう。

 また、《ゴゴゴゴーレム−GF》リリース要員としても適しており、高攻撃力《ゴゴゴゴーレム−GF》を展開できる。
 守備表示になった場合でも攻撃力を活かせ、このカードリリースに用いれば《ゴゴゴゴーレム−GF》効果を3回まで使用可能になる。

 破壊された時の効果ゴゴゴ1体を墓地へ送る効果
 蘇生手段が豊富な《ゴゴゴゴースト》やその蘇生対象である《ゴゴゴゴーレム》自己再生効果を持つ《ゴゴゴギガース》墓地へ送りたいカードが揃っているため、【ゴゴゴ】の動きを支える潤滑油となる。

 《カメンレオン》から蘇生も可能であり、その場合もこの効果を使うことはできる。

  • 「ゴラム(Gollum)」とは英語で「喉を鳴らす」という意味の擬音(日本語でいう「ゴクリ」と同じ意味)であり、これはJ・R・R・トールキン原作『ホビットの冒険』及び『指輪物語』の登場人物である「ゴラム」の名前の由来でもある。
    しかし、このモンスター岩石族であり、またイラストも他の多くのゴゴゴと同様、ずんぐりむっくりな体型であるであることから単に語感を強調したカード名ともとれる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:表示形式変更と墓地へ送る効果はぞれぞれチェーンブロックを作りますか?
A:はい、どちらも誘発効果でありチェーンブロックを作ります。(14/01/10)


Tag: 《ゴゴゴゴラム》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻2300 守0 ゴゴゴ

広告