《ゴブリンエリート部隊(ぶたい)/Goblin Elite Attack Force》

効果モンスター
星4/地属性/悪魔族/攻2200/守1500
(1):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になり、
次の自分ターンの終了時まで表示形式を変更できない。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した地属性悪魔族下級モンスター
 表側守備表示になり、自身の表示形式の変更を封印する永続効果を持つ。

 攻撃力が100下がった代わりに1500の守備力を得た《ゴブリン突撃部隊》
 とはいえ、守備力1500程度では戦闘破壊される可能性が高い。
 攻撃力1900から2100程度までのハイビートアタッカーメタに想定するならば、《フォトン・スラッシャー》などを用いたほうが安定して負担をかけやすい。
 地属性悪魔族はどちらもサポートカードに乏しいため、他のデメリットアタッカーのように有用なサーチ手段があるわけでもなく、《カメンレオン》にも対応していないのでむしろ使いにくい部類である。

 一応数少ない地属性悪魔族という点で《ブロック・ゴーレム》を採用した【ダーク・ガイア】などでは採用の余地がある。
 その場合、《ゴゴゴジャイアント》とは《最終突撃命令》《カオス・インフィニティ》を共有できるなど、独自のシナジーと言えるものもある。
 また《軍神ガープ》を扱うデッキで追加の《ジャイアント・オーク》とする手もある。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXでは、覇王十代の部下として登場。
    覇王軍の主力として、多数が叛乱勢力の討伐や掃討にあたっていた。
    後に、その内の二体がエドと亮とデュエルするが、どちらも完膚なきまでに叩きのめされる。
    覇王軍の情報を吐かされた後に命乞いをするものの、「我らは正義の使いだとしてもダークヒーロー系でね」と言われてトドメを刺されてしまった。
    また、「エドvsアモン」戦でエドが使用した魔法カード《D−マインド》のイラストに描かれている。

関連カード

―ゴブリン部隊

収録パック等

FAQ

Q:守備表示になる効果チェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作りません。そのため、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の対象外です。

Q:セット状態の《グラビティ・ボール》攻撃しました。
  この場合、《ゴブリンエリート部隊》は自身の効果ではなく《グラビティ・ボール》効果守備表示になりますが、次ターン攻撃表示になれますか?
A:なれません。攻撃が成功したならば、別の効果守備表示になっても「表示形式変更不能の制約」は適用されます。


Tag: 《ゴブリンエリート部隊》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 悪魔族 攻2200 守1500 ゴブリン

広告