《ゴヨウ・チェイサー/Goyo Chaser》

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻1900/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外の
フィールドの戦士族・地属性のSモンスターの数×300アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力を半分にして自分フィールドに特殊召喚する。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 地属性戦士族シンクロモンスターの数に比例した自己強化を行う永続効果戦闘破壊したモンスターを半分の攻撃力自分フィールド蘇生する誘発効果を持つ。

 戦闘破壊したモンスター蘇生するという、1つ上のレベル帯である《ゴヨウ・ガーディアン》と似た効果を持つ。
 あちらと異なり、攻撃力が半分になるとはいえ攻撃表示蘇生できるため追撃ができるが、自身のステータス下級アタッカー程度しかないのが難点。
 一応、自己強化効果も持ち合わせてはいるが、参照するのは属性種族を指定されたシンクロモンスターである上に自身の数は含まないので並べにくい。
 同レベルシンクロモンスターには、元から2回攻撃できる上に攻撃力を上げられる《HSRチャンバライダー》攻撃性能に富んだ《A・O・J カタストル》《幻層の守護者アルマデス》も存在する。
 このカードの持ち味を活かすのならば、種族属性を活かした構築や、低いステータスを他のカードで補えるようにしたい。

 《一族の結束》はこのカード攻撃力を永続的に底上げできるため相性が良く、モンスターの種類・サポートカード共に恵まれている戦士族では種族統一デッキも作りやすい。
 1枚でこのカードシンクロ召喚できる《ジャンク・シンクロン》チューナーとして適しており、《増援》のみならず《調律》にも対応しているためサーチも容易。
 種族統一を半ば強要される【不死武士】でも活躍が見込める。
 地属性戦士族シンクロモンスターを併用する場合は同じシンクロ素材で出せ、展開補助でこのカードを出しやすくなる《X−セイバー ウェイン》あたりを使うのが良いか。

 またコントロール奪取は1ターンに複数回発動できるので、2回攻撃全体攻撃を付与すれば大きくボード・アドバンテージを稼げる。
 戦士族であるため《アサルト・アーマー》にも対応している他、《ヘルモスの爪》戦士族で出せる《ロケット・ヘルモス・キャノン》とも相性は良い。

  • 「チェイサー」とは追跡者のことである。
    アニメARC-Vではシンクロ次元の警察を「デュエルチェイサー」と呼んでいることから、これを意識していると思われる。
  • デュエルチェイサー227の融合召喚時の口上では「飽くなき追跡者」と称されている。

関連カード

―(1)の類似効果を持つカードについては《ジャッカルの霊騎士》を参照。

収録パック等


Tag: 《ゴヨウ・チェイサー》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星5 地属性 戦士族 攻1900 守1000

広告