《サイクロン・ブーメラン/Cyclone Boomerang》

装備魔法
「E・HERO ワイルドマン」にのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
装備モンスターが他のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
破壊した魔法・罠カードの枚数×100ポイントダメージを相手ライフに与える。

 SHADOW OF INFINITYで登場した装備魔法
 《E・HERO ワイルドマン》専用であり、強化装備モンスター破壊された時に魔法・罠カード破壊する効果を持つ。

 攻撃力を上げて《E・HERO ワイルドマン》戦闘破壊されにくくする上に、効果破壊された場合の保険も有する。
 攻撃宣言時に破壊されにくいために攻撃力増強を活かし、相手が既にセットしている罠カード発動させずに破壊できる。
 しかし、登場当時はともかく、現在の環境では攻撃力2000では戦闘破壊されてしまう危険も高い。
 破壊効果を活かせないのなら、《デーモンの斧》などの汎用装備魔法のほうがよっぽど有効である。
 能動的に破壊効果発動することも可能ではあるが、自分魔法・罠カード破壊されるため、ディスアドバンテージを抑えながら破壊するのは難しい。
 《ブラック・ホール》《スクラップ・ドラゴン》などで相手モンスター破壊しつつ発動させることができるが、難易度を考えるとあまり実際的ではない。
 E・HEROである《E・HERO ワイルドマン》フィールドに出す手段は豊富だが、このカードが他に装備できず事故を起こす危険もある。
 効果を使い《E・HERO ワイルドマン》となった《E・HERO プリズマー》に装備させれば攻撃力2200となるため攻撃に使いやすく、罠カード効果も受けるためある程度能動的な除去もしやすくなる。
 《ヒーロー・マスク》《E・HERO ワイルドマン》にしたモンスターに装備させるのも手か。

 《E・HERO ワイルドマン》を3体積む【E・HERO】【戦士族】なら、1枚ほど使っても良いだろう。
 だが、フィールドに残る魔法・罠カードを多用するのならば使用を控えた方が良い。
 《摩天楼2−ヒーローシティ》《連合軍》等との相性はあまり良いとは言えないだろう。

 効果ダメージも付いているが、数値が微小すぎて相手ライフへの影響はほとんどない。
 しかも、《冥府の使者ゴーズ》《DDD反骨王レオニダス》などを特殊召喚させてしまう事がありえる。

  • アニメではNormalであり、以下のテキストだった。
    「E・HERO ワイルドマン」のみ装備可能。
    攻撃力を500ポイントアップ。
    装備モンスターとこのカードが墓地におかれた時、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
    破壊した魔法・罠カード1枚につき、相手に500ポイントのダメージを与える。
    装備モンスターと自身が同時に破壊される必要があるが、生け贄自爆特攻でも発動でき、ダメージの倍率も多かった。
    OCG化に際してどちらかといえば弱体化されたと言える。
    また、イラストは背景が黒青になっており、埃も同じ色だった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードとその装備モンスターが同時に破壊され墓地へ送られた時に、このカードの効果発動しますか?
A:発動しません。(14/12/04)


Tag: 《サイクロン・ブーメラン》 魔法 装備魔法

広告