《サイコパス/Psychic Path》

通常魔法
(1):800LPを払い、除外されている自分のサイキック族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 RAGING BATTLEで登場した通常魔法
 800ライフポイントを払う事で除外されているサイキック族を2体まで手札加える効果を持つ。

 ライフコストがあるものの、モンスター2枚を直接手札に回収でき、即座に1枚のアドバンテージが得られる。
 1枚しか除外されていない場合でも発動可能なので、臨機応変に使い分けられる。

 しかし、除外を介するために《サルベージ》などより腐りやすく、普通の【サイキック族】には組み込みにくい。
 《サイコ・ヘルストランサー》《フューチャー・グロウ》《強化人類サイコ》などの除外手段を併用するデッキならば組み込む価値はある。
 《幽鬼うさぎ》などの手札誘発や、《沈黙のサイコウィザード》などの召喚に成功した時に発動する効果を持つものを回収しておきたい。

 それ以外では、デメリット除外されるPSYフレームの回収に使用するのも良い。
 手札誘発が多いため再利用も容易で、効果の発動に必要な《PSYフレーム・ドライバー》も回収することができる。

 除外を主戦術とする【霊獣】シナジーがあるように見えるが、聖霊獣騎帰還や、《聖霊獣騎 カンナホーク》効果に必要なので相性は良くない。

  • 英語名を鑑みると、除外されたサイキック族(psycho)が手札に来るための通り道(path)というイメージで命名された名前であると思われる。
    しかし「サイコパス(Psychopath)」と繋げると、異常心理学・生物学的精神医学で用いられる反社会的人格の一種を意味する「精神病質」の英名「サイコパシー(psychopathy)」に該当する精神病質患者を指す医学用語となり、それに掛かっているのかもしれない。
    「サイコ」や「メンタル」という単語は不適切な意味合いを持つため、英語名ではこのカードに限らず一律で変更されているので、英語名では結果的に普通の名前になっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードチェーンされた《異次元からの埋葬》効果で、このカード対象モンスターのうち1体を墓地に戻された場合、処理はどうなりますか?
A:対象とした残りのサイキック族手札に加えます。(09/02/19)


Tag: 《サイコパス》 魔法 通常魔法

広告