《サイバー・エンジェル−那沙帝弥(ナーサテイヤ)−/Cyber Angel Natasha》

儀式・効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1000/守1000
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。
(2):自分の儀式モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からこのカード以外の「サイバー・エンジェル」モンスター1体を除外し、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、対象のモンスターのコントロールを得る。

 レイジング・テンペストで登場した光属性天使族儀式モンスター
 攻撃力の半分のライフ回復する起動効果儀式モンスターへの攻撃無効にする誘発効果自己再生しながらコントロール奪取をする起動効果を持つ。

 レベルが低いため儀式召喚に必要なリリースを用意することはそこまで難しいことではない。
 ただしサイバー・エンジェルでは唯一の奇数レベルに加え、【サイバー・エンジェル】と相性の良いモンスターは偶数のレベルを持つモンスターが多い。
 従って、レベルを丁度に揃える必要がある《機械天使の絶対儀式》で出すよりはレベルに融通の利く《機械天使の儀式》儀式召喚する方が良い。
 《機械天使の絶対儀式》レベル5のリリースを用意するのであれば、《サイバー・チュチュボン》《簡易融合》などを使うことになるか。
 レベル3の《儀式魔人リリーサー》とは相性が良く、《サイバー・プチ・エンジェル》とでレベル5になるだけでなく後述の(2)の効果戦闘破壊も防げるため場持ちが良くなる。

 (1)の効果ライフゲインで、自身も対象にできるので最低でも500ポイント回復可能である。
 高攻撃力モンスター対象にすればさらなる回復が見込めるが、【サイバー・エンジェル】はそこまで高攻撃力を擁するデッキではないため1度の回復量は《サイバー・エンジェル−美朱濡−》を選択した時の1500が上限とみるべきか。

 (2)の効果儀式モンスターへの攻撃無効にし、相手攻撃から守ることができる。
 自身も範囲内にあるため、攻撃力守備力の低さをフォローでき、1ターン発動回数制限もないため効果が使える限りは戦闘破壊されない。
 しかし、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》などには突破されるため、モンスター除去も併せて入れておきたい。

 (3)の効果自己再生をした上で相手モンスター1体をコントロール奪取できる効果
 単純に見てもカード・アドバンテージで3枚の得をしているため積極的に狙っていきたい効果である。
 手札デッキから墓地へ送られ蘇生制限を満たしていないサイバー・エンジェル墓地コストに使うのも良い。
 逆に言えば相手蘇生制限を満たしたこのカード墓地にある状態を避けるため、妨害をしてくる可能性が高い。
 効果耐性の無いこのモンスターを下手にフィールドに維持しておくと除外バウンスを受けやすく、除去されれば(2)の効果も活かせなくなってしまう。
 蘇生制限を満たすため儀式召喚してから墓地へ送る必要があり、儀式召喚後は他のサイバー・エンジェル儀式召喚のためのリリースにして即座に墓地へ送るのも考慮したい。

  • 「ナーサティヤ」とは、インド神話における医術の神の名である。
    母親が馬の姿で産んだとする詩篇があるなど、馬との関連が深い神であり、このカードケンタウルス型であるのもこれに由来するものだろう。
    なお、神話におけるナーサティヤは男神である。
  • 儀式召喚時の口上は「癒しの力を秘めし光の天使よ。麗しき姿で快癒をもたらせ。降臨せよ!レベル5《サイバー・エンジェル−那沙帝弥−》!」

関連カード

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:効果解決時に、対象とした相手モンスターフィールドに存在しない場合どうなりますか?
A:このモンスター特殊召喚だけが処理されます。(16/12/11)


Tag: 《サイバー・エンジェル−那沙帝弥−》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星5 光属性 天使族 攻1000 守1000 サイバー・エンジェル

広告