《サイバー・ドラゴン・フィーア/Cyber Dragon Vier》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1100/守1600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):自分が「サイバー・ドラゴン」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの全ての「サイバー・ドラゴン」の攻撃力・守備力は500アップする。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性機械族下級モンスター
 フィールド墓地カード名《サイバー・ドラゴン》にするルール効果《サイバー・ドラゴン》召喚・特殊召喚に成功した場合に自身を手札から特殊召喚する誘発効果自分《サイバー・ドラゴン》全体強化する永続効果を持つ。

 (1)は《サイバー・ドラゴン・コア》等と同じ《サイバー・ドラゴン》として扱う効果

 (2)は《サイバー・ドラゴン》召喚特殊召喚トリガーに、自身を特殊召喚する効果
 そのままではレベルが合わないが、《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》等のリンク素材には使用できる。
 レベル4で《サイバー・ドラゴン》扱いとなる《サイバー・ドラゴン・ドライ》などと組み合わせればランク4のエクシーズ召喚が可能。
 《サイバー・ドラゴン・ドライ》レベル変更効果チェーンして発動すれば、このカードレベル5となり《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》等のランク5のエクシーズ召喚に繋げることができる。

 (3)は《サイバー・ドラゴン》全体強化
 《サイバー・ドラゴン》はもちろん、このカードも含め効果《サイバー・ドラゴン》扱いになるモンスターも恩恵を受けられる。
 あらかじめ墓地にこのカードを蓄えておき、《地獄の暴走召喚》等で一気に展開すれば、その分だけ上昇幅も比例して大きくなる。
 《サイバー・ドラゴン・ドライ》《ライオウ》戦闘破壊可能になるのは有り難い所。
 ただし、カテゴリとしてのサイバー・ドラゴンには関係しないので、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》等は強化できず、当然ながら主力の融合モンスターも強化できない。
 また、フィールドに残しておくと《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》融合素材として逆利用される危険があるため、自分ターンの内に各種素材にしたほうが無難だろう。

  • 「フィーア(vier)」とは、ドイツ語で「4」を意味する数詞。
    レベル4のサイバー・ドラゴンは「サイバー・ドラゴン・○○(ドイツ語の数詞)」という命名則になっているようだ。

関連カード

―他のモンスター召喚に成功した時に自身を手札から特殊召喚できるモンスター《エーリアン・ドッグ》を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ドラゴン・フィーア》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻1100 守1600 サイバー・ドラゴン

広告