《サイバー・ヴァリー/Cyber Valley》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻   0/守   0
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された時、
このカードを除外して発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、バトルフェイズを終了する。
●自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードと自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して除外し、その後デッキからカードを2枚ドローする。
●自分のメインフェイズ時に、
自分の墓地のカード1枚を選択して発動できる。
このカードと手札1枚を除外し、その後選択したカードをデッキの一番上に戻す。

 PHANTOM DARKNESSで登場した光属性機械族下級モンスター
 自身の除外が関わる3つの効果を持つ。

 1つ目の誘発効果は、コスト除外するドロー付き《攻撃の無力化》
 手札損失なしで攻撃を阻止できるが、モンスター除去が豊富な現環境では除去されて効果を使えない可能性が高い。
 特にこのカード機械族なので、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《システム・ダウン》等によって除去される。
 《シャインエンジェル》からリクルートすれば、比較的安全に攻撃を防げる。
 【光属性】【サイバー・ドラゴン】等に仕込んでおくと相手の意表を突ける。
 なお、この効果のみコストによる除外なので《スキルドレイン》効果適用中でも無効化されない。

 2つ目の起動効果は、効果で2体を除外してドローする、疑似的な手札交換
 《切り込み隊長》からこのカード特殊召喚すれば、損失のない手札交換が可能。
 また、効果使用後の《バトルフェーダー》を用いれば、相手攻撃を回避すると共に損失なく手札交換を行うことができる。
 《異次元の生還者》《異次元の偵察機》除外すれば、1:2交換となる。
 この効果を使い《精神操作》などでコントロール奪取したモンスター除外すれば、擬似《ならず者傭兵部隊》になる。
 しかも除外なのでより再利用しにくく、2枚のドローが2枚の損失を補うためディスアドバンテージもない。
 除外コストではなく効果なので、トークン対象にしてもよいだろう。

 3つ目の起動効果は、効果手札1枚と自身を除外する《鳳凰神の羽根》
 この効果だけでは《鳳凰神の羽根》同様ディスアドバンテージになるので、何かしらのコンボで使用したい。
 だが、発動のためには手札除外しなければならず、サルベージ墓地からのみで、どうにも効果が噛み合わない。
 《異次元の偵察機》《ネクロフェイス》手札から除外したり、墓地へ落ちてしまったキーカードをどうしても回収したい際に使えるが、基本的には補助的なものと捉え、1つ目または2つ目の効果をメインに使っていくことになるだろう。

 機械族で、かつ攻撃力が0なので《機械複製術》デッキから特殊召喚することが可能。
 除去さえされなければバトルフェイズを3回飛ばせたり、手札交換バトルフェイズスキップもしくは次のドローの操作が同時にできたりと、実に多くのことができる。
 《切り込み隊長》からこのカード特殊召喚して《機械複製術》《地獄の暴走召喚》発動し、2つ目の効果を2回発動すれば1枚のアドバンテージとなる。
 もちろん前述の通り《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材にされる恐れもあるので、攻撃回避には使いにくい。
 また、レベル1の機械族なので、《ワン・フォー・ワン》《ロード・ウォリアー》等により特殊召喚する事が可能で、前述の《機械複製術》《地獄の暴走召喚》の起点にもできる。

  • 上記のように3つも効果があるのでややこしいが、順にコスト効果効果であることだけでも覚えておくとよい。
  • 元ネタは、アメリカ海軍タイコンデロガ級航空母艦の13番艦、ヴァリー・フォージだと思われる。
    朝鮮戦争とベトナム戦争に従軍、その生涯で3つの海軍部隊栄誉章を受章した航空母艦である。
    3つの効果を持っている点や、同じく軍事関係の用語を元ネタとする《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》と同じ回に登場している事から見て、可能性は高い。
    ちなみに、「valley」とは「谷」を意味する言葉でもある。
    また「変形する、多様にする」という意味の言葉「vary」もあり、「ヴァリエーション」という表現でお馴染みだろう。
    ただこちらは、意味合いはあっているものの名詞ではなく動詞である。
  • アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した罠カード《次元回帰》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでカイザー亮が使用してくるが、過去のバージョンでは使い方がAIにインプットされていなかったのか、このカードセットしたりする意味不明の行動がしばしば見受けられた。
    第4弾以降はAIに学習されており、攻撃表示召喚して効果もきちんと発動してくる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:各効果除外コストですか?
A:1つ目の効果コスト、2つ目、3つ目の効果効果処理による除外です。(07/11/23)

Q:2つ目の効果除外するカードは、トークンでもかまいませんか?
A:はい、可能です。(07/12/07)

Q:《光と闇の竜》が存在する場合、2つ目、3つ目の効果を1ターンに複数回発動できますか?
A:はい、複数回発動できます。(08/01/24)

Q:1つ目の効果の、ドローバトルフェイズを終了させる処理は同時扱いですか?
A:別々の処理となります。(12/03/21)

Q:2つ目の効果は、自分フィールド上の表側表示で存在するモンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(10/06/13)

Q:2つ目の効果の、ドロー除外は同時扱いですか?
A:別々の処理となります。(09/08/19)

Q:2つ目の効果処理時にこのカード裏側表示になった場合、このカード除外されドローを行いますか?
A:はい、このカード除外されドローを行います。(10/06/13)

Q:2つ目の効果処理時にこのカード手札に戻されていた場合、もう1体を除外ドローを行いますか?
A:いいえ、除外ドローも行いません。(11/02/04)

Q:2つ目の効果解決時に《サイバー・ヴァリー》ではない方のモンスター裏側表示になっていた場合、2枚を除外ドローを行いますか?
A:いいえ、除外ドローも行いません。(10/10/20)

Q:2つ目の効果解決時に《サイバー・ヴァリー》ではない方のモンスター手札に戻されていた場合、《サイバー・ヴァリー》だけを除外ドローを行いますか?
A:いいえ、除外ドローも行いません。(10/10/20)

Q:3つ目の効果の、墓地カードデッキの一番上に戻す効果除外は同時扱いですか?
A:同じタイミングではありません。(09/08/25)

Q:3つ目の効果は、発動時に対象を指定しますか?
  指定する場合、指定するのはこのカード自分手札1枚、自分墓地カード1枚のうち、どれになりますか?
A:墓地カード1枚を対象に取る効果です。(14/12/04)

Q:3つ目の効果は、発動条件として、墓地に別のカードが存在している必要がありますか?
A:効果によって除外する手札と、デッキの一番上に戻すカード墓地に存在しない場合、効果発動する事ができません。(09/08/25)

Q:3つ目の効果処理時にこのカード裏側表示になった場合、このカード除外されデッキに戻す効果処理は行われますか?
A:はい、除外されカードデッキに戻す効果も適用されます。(10/09/09)

Q:3つ目の効果処理時に「手札が0枚になる。」「墓地カードが0枚になる。」「このカードフィールド上に存在しなくなる。」のいずれか、または複数の状態が発生していた場合、残りの処理は行われますか?
A:効果処理時に手札またはこのカードが存在しない場合、墓地カードデッキに戻す処理は行いません。
  効果処理時に墓地カードが存在しない場合、手札とこのカード除外する処理を行います。(10/09/09)


Tag: 《サイバー・ヴァリー》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 機械族 攻0 守0

広告