《サイバース・エンチャンター/Cyberse Enchanter》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2400
【リンクマーカー:左/右/下】
モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「サイバース・ウィザード」を素材としてリンク召喚されている場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その効果はターン終了時まで無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「サイバース・ウィザード」1体を選んで特殊召喚する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 《サイバース・ウィザード》リンク素材にした場合にフリーチェーン相手モンスター表示形式を変更した上で無効化できる誘発即時効果、自身が破壊された場合に《サイバース・ウィザード》特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 効果はいずれも《サイバース・ウィザード》との併用が前提となる。

 (1)は《サイバース・ウィザード》リンク素材にした場合にのみ利用できる表示形式変更と無効化の効果
 汎用性が高い効果制圧にも利用でき、守備力が低いアタッカー戦闘破壊で処理する事も狙える。
 ただしリンクモンスター対象に取れない事、自身が蘇生帰還した場合では使えない事が欠点。

 (2)は破壊された場合に《サイバース・ウィザード》特殊召喚できる効果
 除外されていない限りは1枚の《サイバース・ウィザード》を使い回す事ができる。
 呼び出した《サイバース・ウィザード》で2枚目のこのカードリンク召喚する事も考えられる。

 問題は《サイバース・ウィザード》汎用性に乏しいモンスターであることだろう。
 自己特殊召喚効果を一切持たないあちらを素材としてリンク3のこのカードリンク召喚するのはやや手間が掛かる。
 エクストラデッキの枠が枯渇しやすい通常の【サイバース族】においてこのカードを採用することは難しく、採用するならば専用のギミックを仕込むことは不可欠となる。
 《コード・トーカー・インヴァート》《サイバネット・コーデック》を併用すれば《サイバース・ウィザード》特殊召喚でき、そのままこのカードリンク召喚できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバース・エンチャンター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 サイバース族 攻2400

広告