《サイバース・ホワイトハット》

効果モンスター
星6/光属性/サイバース族/攻1800/守2400
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 STARTER DECK(2018)で登場した光属性サイバース族上級モンスター
 同種族モンスター自分フィールドに複数存在する場合に手札から特殊召喚できる召喚ルール効果リンク素材として墓地へ送られた場合に相手モンスター弱体化できる誘発効果を持つ。

 種族を固めたデッキの他、同じ種族トークンを複数出すカードを用いれば(1)の条件は満たしやすい。
 自身のステータスが余り高くないことと、(2)の効果を考慮すると、展開後はリンク素材として使用するのが主となる。
 なお、「同じ種族」という条件だが、サイバース族であることを踏まえると、基本的には【サイバース族】で採用すべきカードであろう。
 上級モンスターなので《フォーマッド・スキッパー》サーチにも対応している。

 リンク素材にできれば(2)による弱体化で出したリンクモンスター戦闘補助ができる。
 1ターンだけだが相手フィールドモンスター全てに1000の弱体化という数値の影響は大きい。

  • コンピュータシステムのハッキングを善意に基づいて行うこと、または、そうした善意のハッキングを行う人のことを「ホワイトハット(white hat)」と呼ぶ。
    後者は「ホワイトハットハッカー」または「ホワイトハッカー」とも呼ばれる。
  • イラストに描かれているモンスターは、西部劇に見られる「ガンマンの格好をした保安官」をイメージしたと思われる。
    ちなみに、保安官とはアメリカにおける法執行官(日本でいうところの警察)の役職であるシェリフあるいはマーシャルの訳語。
    西部劇に見られる保安官は、シェリフおよびシェリフ補佐のことを指す。

関連カード

―(1)の類似効果《大将軍 紫炎》を参照。

―《サイバース・ホワイトハット》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《サイバース・ホワイトハット》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 サイバース族 攻1800 守2400

広告