《サイバース・マジシャン/Cyberse Magician》

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
「サイバネット・リチューアル」により降臨。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が受ける全てのダメージは半分になる。
(2):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
相手は自分フィールドの他のモンスターを、
攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。
(3):このカードがリンクモンスターと戦闘を行うダメージ計算時のみ
このカードの攻撃力は1000アップする。
(4):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性サイバース族儀式モンスター
 ダメージを半分にする永続効果リンクモンスターが存在する場合に自身以外のモンスター攻撃対象効果の対象にできなくする永続効果自己強化する永続効果相手効果破壊された場合にサイバース族サーチする誘発効果を持つ。

 レベル儀式モンスターなので、《マンジュ・ゴッド》などの他に《儀式の準備》に対応している。
 また、レベル5以上のサイバース族でもあるので、《フォーマッド・スキッパー》によるサーチが可能。
 ただし、有力な儀式召喚サポートである《儀式の下準備》には対応していない。

 (1)は自分が受ける全てのダメージを半減する効果
 戦闘効果のどちらも対処しやすいが、(2)の効果の存在からこのカードが真っ先に狙われる可能性は高い。
 なお、戦闘ダメージを受けるのは戦闘破壊より前なので、このカード戦闘破壊される場合でも戦闘ダメージを半減できる。

 (2)は、リンクモンスターが存在する限り、攻撃対象及び効果の対象を自身に限定する効果
 攻撃力が低いことが多いリンクモンスター戦闘破壊から守りやすくなる。
 しかし、このカードの2500という攻撃力は昨今では安心できる数値ではない。
 (3)の効果のおかげでリンクモンスターには強いが、他のモンスター戦闘破壊されてしまう可能性は否めない。
 (4)の効果に繋げるためにも、戦闘破壊耐性は付与しておきたい。
 《ハニーボット》とは相性がよく、相互に耐性を付与し合える。

 (3)は、リンクモンスター戦闘を行う場合に攻撃力が1000アップする効果
 この効果により攻撃力3500となるため、ほとんどのリンクモンスター戦闘破壊できるだろう。

 (4)は、相手効果破壊された場合のサイバース族サーチ
 相手依存ではあるが、儀式召喚によるディスアドバンテージをある程度回復する事ができる。
 前述のように、戦闘破壊されやすい点は注意したい。

 このように、単体で見れば悪くない効果を持つのだが、【サイバース族】儀式召喚のギミックを投入する余裕があるかはやや疑問である。
 このカード及び《サイバネット・リチューアル》はピン差しに留めておき、《サイバース・ウィッチ》効果で状況を見計らってサーチして使うのがよいか。
 もちろん、儀式召喚に特化した【サイバース族】を作成するのも手。

  • アニメVRAINSにおいて、Playmakerが初めて述べた召喚口上である。
  • (1)の効果発動時は、バイザーからビームを放って相手の攻撃を相殺する描写がなされた。
    バイザーの形を含め、アメリカン・コミック『X-MEN』に登場するキャラクター、サイクロップスを意識したものと思われる。
  • 「vsボーマン(1戦目)」でPlaymakerがこのカードを使用した時、観戦していたハルは「サイバース族儀式モンスターはデータに無い」と驚いていた。
    このような相手の想定外となるカードデュエル中やその前後に主人公の能力や異世界の力等で新たにデッキに加わることが通例であったが、このカードは特に説明もなくデッキに投入された状態で使用されており、異例である。
    明確な描写こそないが、恐らくAiがサイバース世界から持ってきたサイバース族モンスターなのだろう。
    2018年7月21日から実施された20th MONSTER SELECTION の紹介では「Aiがサイバース世界から持ち帰ったモンスター」と記載されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバース・マジシャン》 効果モンスター モンスター 儀式モンスター 星7 闇属性 サイバース族 攻2500 守2000

広告