《サイバネット・バックドア》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つ
サイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、
そのターン直接攻撃できる。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した速攻魔法
 自分サイバース族モンスター一定期間だけ除外し、サイバース族サーチし、その除外したモンスター直接攻撃能力を付与する効果を持つ。

 フリーチェーン一時除外カードであり、サクリファイス・エスケープとして利用できる。
 手札から発動可能な速攻魔法なので、その回避性能は《亜空間物質転送装置》を上回る。
 除外から戻ったカードメインモンスターゾーンの任意の位置に配置できるので、相互リンクに関係するものの多いサイバース族リンクモンスターカードの位置を調整するために利用することも可能。
 フィールドに存在する限り1度しか発動できない《ファイアウォール・ドラゴン》効果を再利用することもできる。
 フィールドに戻ったモンスターには直接攻撃能力が付与されるため、攻撃力の高いモンスター除外できればフィニッシャーとなる事も見込める。

 更に、除外したモンスター元々の攻撃力未満のサイバース族サーチする効果も併せ持っている。
 【サイバース族】には現状サーチ手段がこれ以外になく、どちらかと言えばこちらの効果の方がメインとなる。
 (1)の効果を使い終えた《バランサーロード》除外して(2)の効果発動させつつ、《サイバース・ガジェット》サーチしてきて増えた召喚権で召喚、という流れができれば理想的。

 1ターンに1度しか発動できない点以外はこれといった難点もなく、サイバース族デッキにおける非常に便利なサポートカードといえる。

  • 「バックドア」とは、コンピュータ用語で正規の接続にIDやパスワード等を必要とするシステムにおいて、そうした認証を回避して接続できる機能の事である。
    システムの仕様として意図的にバックドアを付ける事もあるが、セキュリティの欠陥によってバックドアが生じたり、そうした欠陥を突いてシステムが不正に改鋳され、バックドアが作られてしまう事もある。
    相手モンスターをすり抜けて直接攻撃できる効果は、こうした不正なバックドアの性質から来ているのだろう。

関連カード

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバネット・バックドア》 魔法 速攻魔法

広告