《サベージ・コロシアム/Savage Colosseum》

フィールド魔法
フィールド上に存在するモンスターが攻撃を行った場合、
そのモンスターのコントローラーはダメージステップ終了時に300ライフポイント回復する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
攻撃可能なモンスターは攻撃しなければならない。
エンドフェイズ時、ターンプレイヤーのフィールド上に
表側攻撃表示で存在する攻撃宣言をしていないモンスターを全て破壊する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場したフィールド魔法
 ライフ回復攻撃強要、モンスター破壊と3つの効果を持つ。

 複数の効果を持つものの、いずれも通常のデッキに与える影響は小さい。
 ダメージステップ終了時のライフ回復効果の量は微弱。
 攻撃を強要する効果攻撃宣言を行っていないモンスター自壊させる効果は、どちらも守備表示で凌げる。
 使うなら、後半2つの効果を積極的に活用できる工夫をしたい。

 これらの効果を活かせるものとして、攻撃宣言を封じたり、モンスター表示形式を変更する効果を持つカードが挙げられる。
 前者は《威嚇する咆哮》等が当てはまり、うまく不意をつければ全体除去にまで発展する。
 持続的に封じる《ビッグホーン・マンモス》も良いが、攻撃表示を強要できなければジリ貧になりやすい。
 後者は《軍神ガープ》等が当てはまり、これを使うと低攻撃力モンスターの生存は難しくなる。
 両者の併用により硬度の高いロックを掛けることもできるが、永続カードばかりに頼るのも安定性に欠けるため、使い切りのものを要所で使うスタイルも悪くはない。

 【ユベル】では、攻撃を強要することで、能動的に《ユベル》効果発動することができる。
 ただし、《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》自身も攻撃しなければならないので、攻撃反応型の罠カードには注意が必要。
 《ユベル》相手攻撃時に蘇生させれば、巻き戻し攻撃を回避できないため反射ダメージを与えやすくなる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:回復および破壊チェーンブロックを作りますか?
A:はい、どちらもチェーンブロックが作られます。(09/09/17)

Q:回復する効果解決時攻撃を行ったモンスターフィールド上に存在しなくなった場合、回復する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/09/26)

Q:攻撃宣言を行ったモンスター《魔法の筒》等の効果攻撃無効にされた場合、エンドフェイズ時にそのモンスター破壊されますか?
A:はい、その場合でも破壊されます。(09/08/09)

Q:エンドフェイズ破壊効果を適用後、《リミット・リバース》発動《ユベル》特殊召喚しました。
 攻撃宣言をしていない攻撃表示モンスターが存在するので、再度破壊効果を適用しますか?
A:いいえ、破壊効果1ターンに1度しか適用されません。(09/08/24)

広告