《シールドスピア/Shield Spear》

通常罠
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで400ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常罠
 フリーチェーンで任意のモンスター単体強化する。

 よほど特殊な攻守の調整をしない限り、上昇値が共に100上回り、モンスターとして自己再生もできる《バージェストマ・エルドニア》の完全下位互換となる。
 他にも、相手弱体化する《禁じられた聖槍》《収縮》といった選択肢もある。
 強化が持続し追加効果もある《幻影騎士団シャドーベイル》の存在も痛い。
 これらを差し置いてこのカードを優先されることはまずないと言える。

  • カード名イラストからして、元ネタは「矛盾」だろう。
    その昔、何でも通す矛と何も通さない盾を売っている商人がいたが、通りすがりの者に「その矛でその盾を突いたらどうなるか」と聞かれ、返答に詰まってしまった。
    これが「矛盾」の語源であるとされている。
    詳しくは「中国の漢詩」を参照のこと。

関連カード

収録パック等


Tag: 《シールドスピア》 通常罠

広告