《シューティング・スター・ドラゴン・TG(テックジーナス)EX(エクスパンション)

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果が発動した時、
自分の墓地からチューナー1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
(3):相手ターンに、このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのSモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場する風属性ドラゴン族シンクロモンスター
 チューナー墓地コスト対象をとる(指定する)効果無効にする効果相手攻撃無効にする効果シンクロモンスター2体をリリースして自己再生する効果を持つ。

 (1)は自分モンスター対象にとるモンスター効果無効にする効果
 チューナーが必要だが、このカードシンクロ召喚する過程で2〜3枚は墓地へ送られるのでコスト面での心配はない。
 対象をとらない効果魔法・罠カードには無力だが、1ターンに何度でも発動できる。

 (2)は相手攻撃無効にする効果
 こちらはコストも必要ないので扱いやすい。

 (3)は相手ターンシンクロモンスター2体をリリースして自己再生する効果
 相手ターンにしか使えないため、除去に合わせてサクリファイス・エスケープとして使うのが主になる。
 ただ、このカードを出してさらにシンクロモンスターが2体以上残るほどの展開ができるならそのまま勝負が付いている可能性も高い。
 このカードを素材にさらにシンクロ召喚した場合といった状況は考えられる。
 コストリリースするため、この効果無効にされると一気に劣勢に追い込まれかねないため、発動は慎重に行いたい。

 TGの名を持つため、《TG トライデント・ランチャー》効果発動した後でもシンクロ召喚可能。
 同じシンクロ素材《TG ブレード・ガンナー》と比べると、他のモンスターを守ることができ、《TG ブレード・ガンナー》魔法・罠カード無効にするのに対してこちらはモンスター効果無効にする。
 ただ、あちらと違いフィールドを離れる効果はなく、対象をとらない効果には弱い。
 《TG ブレード・ガンナー》同様、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》効果で分解すればこのカード墓地に残したまま《TG ハルバード・キャノン》を出せる。
 あちらと違いこちらは自己再生効果を持っている為、《TG ハルバード・キャノン》墓地に送られなかったり蘇生効果タイミングを逃した場合でも再利用しやすい。

  • 「EX」の「エクスパンション/expansion」は、「拡大」「膨張」「拡張」を意味する。
    日本ではスポーツ学で「計画的に参加チーム数を増やす」意味として用いられる事が多いが、英語圏では主にコンピューター科学や物理学で使われる。
    また、他のトレーディングカードゲームにおいて「新しいカードセット」の事を「エクスパンジョンパック」(遊戯王でいうところのブースターパック)と呼称する場合がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《シューティング・スター・ドラゴン・TG−EX》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 風属性 ドラゴン族 攻3300 守2500 TG

広告