《シンクロ・ギフト/Synchro Gift》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体と
シンクロモンスター以外のモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したシンクロモンスターの攻撃力を0にし、
その元々の攻撃力分もう1体のモンスターの攻撃力はアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 デュエリストパック−遊星編3−で登場した通常魔法
 シンクロモンスター1体の攻撃力を他に分け与える効果を持つ。

 2回攻撃持ちなどを強化しない限り総ダメージ量は変わらず、それ以外の場合でも複数の相手モンスター戦闘破壊が難しくなることが多い。
 高攻撃力モンスターの突破に使うのも状況が限定されすぎるため、攻撃力0のモンスターの扱いが問題となる。

 攻撃力0にしたシンクロモンスターコストシンクロ素材に使ってしまえば攻撃力アップの恩恵のみが得られる。
 攻撃力と無関係に効果を使える《A・O・J カタストル》《インフェルニティ・デス・ドラゴン》《アームズ・エイド》攻撃力を分け与えるのも有効。
 多少戦闘ダメージを負うが《ギガンテック・ファイター》《ライトニング・トライコーン》《太陽龍インティ》攻撃力を0にして自爆特攻蘇生効果発動するのも手。
 《神海竜ギシルノドン》ならば攻撃力を0にした後に自身の効果発動することで攻撃力を上げられる。
 アップするのは元々の攻撃力分なので、カードの効果攻撃力を減らされたシンクロモンスターや、自身の効果攻撃力を減らした《ライトエンド・ドラゴン》及び《ダークエンド・ドラゴン》等を対象にしても、高攻撃力を得られる。
 《強制転移》送りつけたり、《シンクロキャンセル》で再度シンクロ召喚し直すのも有効だろう。

  • アニメARC-Vの「柚子vs徳松」戦において徳松の手札に、「遊矢vsデュエルチェイサー227」戦においてデュエルチェイサー227の手札に確認できる。
  • 漫画ZEXALの「遊馬vsアストラル」戦でアストラルが使用した《ナンバーズ・イグジスト》は、このカードNo.版と言える効果を持っていた。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上にシンクロモンスター以外のモンスター表側表示で存在し、《ジュラック・ヴェルヒプト》攻撃力が?)や《ワンショット・キャノン》(元々の攻撃力が0)が存在する時、発動できますか?
A:元々の攻撃力が0のモンスターを選択して発動する事はできません。
  また、自身の効果により攻撃力が変化している《ジュラック・ヴェルヒプト》を選択する事はできますが、もう1体のモンスター攻撃力をアップする事はできません。(10/10/16)

Q:効果解決時対象に選択したシンクロモンスター以外のモンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、対象に選択したシンクロモンスター攻撃力は0になりますか?
A:はい、その場合でもそのシンクロモンスター攻撃力は0になります。(10/11/10)

Q:自分フィールドシンクロモンスター1体と相手フィールドシンクロモンスター以外のモンスター1体を対象としてこのカード発動できますか?
A:このカード対象とする、シンクロモンスター1体と、シンクロモンスター以外のモンスター1体は、どちらも自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターでなければなりません。
  したがって、このカード対象として、相手フィールド上のシンクロモンスター以外のモンスター1体を選択して発動する事はできません。(16/05/13)


Tag: 《シンクロ・ギフト》 魔法 通常魔法

広告